日本のメタンハイドレード調査にいちゃもんをつける韓国

メタンハイドレードが実用的なエネルギーとして使用可能になるには、生産コストの大幅な圧縮が必要となります
現在はまだ、日本の周辺海域にどれくらいメタンハイドレードが埋蔵されているかを調査している段階なのですが、中国や韓国では早くも日本批判が飛び出しています
中国メディアは、「日本のメタンハイドレード開発は環境破壊につながる」と批判を展開しています。現在進行形で大規模な環境破壊を進めている中国に言われたくありません
韓国メディアの方は、「日本海の海底資源を独占しようとする日本の野望はけしからん」との論調です


日本の一部のメディアは今年の夏から新潟県佐渡島沖で調査を行った後、来年には島根県隠岐島周辺、2015年には 北海道周辺での調査を行うと報じたと紹介。
このうち島根県隠岐島は竹島(韓国名:独島)に最も近い場所にあり、日本が挑発を続ける場所だと指摘した。
一方で、韓国もメタンハイドレート開発に大きな関心を見せており、日本の今回の方針が摩擦につながる可能性も少なくないとの見方を示した。
韓国は2005年に竹島近隣の海底に約6億トンに達するメタンハイドレートが埋蔵されている事実を確認していると解説。
韓国地質資源研究院、韓国石油公社などで構成する「ガスハイドレート開発事業団」は、2014年には日本海の鬱陵盆地周辺で、試験生産に入る計画だという。
日本は、2006年に竹島近隣の海底地形を調査すると測量船を出発させたが、日韓の次官級協議後、帰還させたことがあり、それ以降、竹島周辺で資源調査を行ったことはない。
しかし、今回の海洋調査によって、日韓の摩擦が生じる可能性があると懸念を示した
日本が日本海でメタンハイドレートを調査、日韓の摩擦を懸念=韓国


竹島と隠岐島がどれだけ離れているのか、韓国人には理解できないのでしょう
隠岐島の周辺海域でメタンハイドレードの調査を行う計画を、まるで自分の庭先を荒らされるような感覚でとらえています
こうした感情的な反応の原因を探れば、メタンハイドレードの採掘技術に関して韓国は何の実績もなく、日本の開発スピードに驚き、焦っているためだと解釈できます。あとは屁理屈をこねて日本を牽制し、メタンハイドレード開発に待ったをかけたいのでしょう
でなければ、「日韓の共同利益のために」と偽ってメタンハイドレードの共同開発を提言し、技術をせしめようと企むものと推測されます
日本の政治家は韓国の誘いに載せられ、「科学技術の提供くらいしてもよいのではないか」と言い出す可能性があるので注意が必要です
技術をタダでくれてやるなどとんでもない話ですが、日本はこれまでにも政治家が音頭を取って韓国や中国に科学技術を無償で提供してきたのが現実です
今でもなお日本のメディアの中には、「中国の環境問題は深刻だ。日本が環境技術を提供すべきだ」と主張しているところがあります(毎日新聞など)

(関連記事)
東芝産業スパイ事件判決 犯人に懲役5年
東芝技術流出問題 開き直る韓国
ホンダがレアアース不要のHV用モーター開発 中国に衝撃
レアアース回収技術を極める日本の科学力
「日本は北朝鮮のレアアース狙い」と書く中国メディア
レアアース輸出規制撤廃 中国が敗北
日本国内でレアアース発見のニュース相次ぐ
日本がメタンハイドレードの試験生産成功
中国のレアアース戦略失敗 日本が輸入を減らす
日立 レアアースを使わないモーター開発
科学技術大国中国に日本が負けた?
ノーベル化学賞、鈴木北大名誉教授と根岸米大教授
粘菌研究で活躍する日本人研究者 イグ・ノーベル賞
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
スーパーコンピューター「京」 自らの世界記録更新
「日本に負けていない」 中国独自のスパコンを賛美する中国メディア
韓国メディア「日本のスパコンが世界ランク1位に…」と報道するも
科学誌「サイエンス」10大発見 日本から「はやぶさ」ら2件
世界大学ランキング ハーバード大首位陥落
塗って焼くだけの太陽電池 日本の先端技術
日本の宇宙開発を見下す中国メディア
日韓のプライドを賭けた鉄鋼戦争


海底資源―海洋国日本の大きな隠し財産
オーム社
石川 憲二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海底資源―海洋国日本の大きな隠し財産 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル