アニメ「変態王子と笑わない猫。」が勝手に韓国押しで炎上

今シーズの新作アニメーション「変態王子と笑わない猫。」の中に、原作にもない韓国要素が勝手に押し込まれており、ファンや原作者からも疑問・反発が提起される事態になっていると、ロケットニュースが記事にしています

【炎上】アニメ『変態王子と笑わない猫。』に設定にない韓国要素を入れ問題化作者も苦言「勝手に入れるの勘弁して」

記事によれば、電車内の広告に韓国の実在するダンスユニットが登場していた、との話であり、制作会社が勝手に宣伝を盛り込んでいたわけです
もちろん、アニメーション制作を担当したJCスタッフが意図的に行ったものなのか、あるいは動画を請け負った韓国のアニメーションスタジオの独断なのかは不明であり、現段階で決めつけるわけにはいきません
ただ、JCスタッフはアニメ「さくら荘のペットな彼女」において、おかゆを食べさせるシーンで勝手にサムゲタンにしてしまった過去があり、批判が向かうのは当然でしょう
当時JCスタッフ側は、「おかゆだと美味しそうに見えないのでサムゲタンにした」と釈明しており、「この程度の改変はアニメーション制作上、当然の行為」だと主張していました
病気で胃腸が弱った人間に油っこくて辛い料理を食べさせるのは無茶な話であり、改変によってストーリーが深みを増したりはしません
「さくら荘のペットな彼女」は丁寧な演出と陰影の鮮やかな人物描写、お約束の展開ながら惹きつけられるストーリーが楽しめた作品だけに、きわめて残念な事態でした
今回の批判にJCスタッフはどう応じるのでしょうか?
どうでもよいのですが、韓国のダンス・ボーカルユニット「INFINITE」とは以下の様なグループです



(関連記事)
外国人が嫌いな日本アニメの「お約束設定」
中国のオタクが選ぶ 2012年人気アニメソング、人気アニメ
ロシアで「デスノート」を有害図書指定へ
日本文化は金にならないと批判する中国メディア
「名探偵コナン」に勝てない中国アニメ
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
宮崎アニメを超えた! 中国アニメ「馬蘭花」
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
アニメキャラとセーラー服を語る米国人
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
アニメ化された「ロミオとジュリエット」 日本版と海外版比較


変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]
メディアファクトリー
2013-06-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル