中国の魔法少女アニメ「巴拉拉小魔仙」

中国で制作・放映されている魔法少女物アニメ「巴拉拉小魔仙」について、以前当ブログで言及したのですが、アニメそのものの動画は紹介できず実写版ドラマの方を取り上げました
今回はアニメの方を紹介します
テレビシリーズに続いて劇場版も中国で公開予定だと報道されており、人気を集めているようです。実写版ドラマとは別のストーリーですが、世界観は共通しています
作品世界の設定などは動画をご覧いただければ理解いただけると思います
中国語字幕付きですので、漢字が読める日本人ならおよそのストーリーも理解できます
最近YouTubeでは規制が厳しくなったのか、ブログに貼りつけた動画が再生できないこともしばしばです。今回はどうでしょうか?

巴啦啦小魔仙之奇迹舞步

変身シーンや魔法を使うための小道具など、魔法少女物のフォーマットに忠実な作りだというのが見て取れます
そして最大の特徴は中国らしい生活環境がまったく描かれず、現代中国以外のどこか別の世界で物語が展開する形になっているところでしょう
「セーラームーン」や「カードキャプターさくら」があくまでも日本を舞台にしていたのとは異なる世界観です
その理由は言及するまでもないのですが、民度最低の土人集落のような中国を舞台にしたのでは、せっかくのファンタジーがぶち壊しになってしまうためでしょう
小学生くらいの女の子を対象に想定した物語ですから、勧善懲悪の可もなく不可もない展開です。加えて少年少女の恋愛を描くのは御法度という国ですから、ラブロマンス展開は期待できません
日本でなら魔法であれもこれもできる魔法少女が、ままならぬ恋模様に翻弄され、あれこれ悩む展開を盛り込むところですが
さまざまな制約の中で頑張って作っている事実は認めますが、これではあまり面白いものにはなりません
制約された中で第二、第三の魔法少女物が作られるようになれば、工夫を凝らして表現の幅やストーリー展開に広がりが生まれるのでしょうか

(関連記事)
中国の魔法少女アニメ「巴拉拉小魔仙」はプリキュアのパクリ?
K-POPの次はK-アニメーション
韓国魔法少女アニメ「フラワーリングハート」
フランスの魔法少女アニメ「W.I.T.C.H.」は悩める十代
ドイツ版「セーラームーン」OP曲はテクノ風
「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い
韓国にも魔法少女アニメあり 「Spheres(スフィアズ)」
女の子に人気のアニメーション「プリキュア」のヒット戦略
「魔法少女モノ」アニメ-ションの人気ランキング
論文紹介「魔法少女と原子爆弾の精子:アメリカの日本アニメ」
イギリスで「日本漫画大討論会」
日本の少女マンガに女性像の未来を見ようとするアメリカ
中国が猛プッシュする劇場アニメ「昆塔」
国際水準の中国アニメ「神魄」が日本進出
アメリカの人気アニメ「ベン10」は実質韓国製ニダ
中国アクションアニメ「風雲決 ストームライダーズ」紹介
フランス・東映アニメ合作 アホ毛の変身美少女アニメ「Ladybug」
中国紙 「黒子のバスケ」こそ日本の国家イメージと語る
中国 「夏はやっぱり抗日アニメ」
中国アニメ 巨額投資も空振り?
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に?
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
パクリアニメを批判する中国メディア


少女と魔法―ガールヒーローはいかに受容されたのか
エヌティティ出版
須川 亜紀子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 少女と魔法―ガールヒーローはいかに受容されたのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル