英国をゆるがす日本のカワイイ文化

日本のロリータ・ファッションが広く海外でも受け入れられているとの報道は珍しくありませんが、イギリスのタブロイド紙デイリーメールが掲載した記事を紹介しましょう
この記事は中国メディア「人民網日本語版」でも紹介され、注目を浴びました日本の文化の影響に、中国人が目を光らせあれこれ気をもんでいる(嫉妬している)様子が目に浮かびます
まずはそのオリジナルの記事を御覧ください。写真も加えて、なかなか力が入った記事になっています


一般的なイギリス国民はミニスカートやへそ出しルックは許容できても、ロリータファッションは異質で奇抜・奇妙に映るのでしょう。あるいは10代後半のから20代前半の女性がフランス人形めいた幼児退行風の衣装で着飾り、街を出歩くのは許せない、との思いがあるのかもしれません
閉塞された空間で趣味としてロリータ・ファッションを楽しむのは許せても、公共の場には相応しくないと批判する人が多い、と推測されます
そうした拒絶反応がある一方で、大胆に自分を表現したいという少女たち(と大人の女性)の欲求は厳然として存在するわけです
その嗜好がパンクファッションに向くか、ロリータ・ファッションに向くかの違いこそあれ、本質は同じものと考えられます
YouTubeではロリータ・ファッションだけでなく、ShibuyaとかHarajukuと題された動画がいくつもアップされており、渋谷系や原宿系のファッションを紹介しています
日本のカワイイ文化は多様性に富んでおり、奥も深いのです
現代の中国からこのようなカワイイ文化が生まれるとは考えられず、中国政府はイライラしながらこの種の報道を眺めるしかないのでしょう
中国メディアが翻訳した記事は以下のとおりです。イギリスの新聞記事を思い切り省略し、ロリータ・ファッションが反社会的な行動であるかのような印象を読者に与える区切り方をしているのが見て取れます

英国で日本の「かわいい」文化が人気

(関連記事)
ロリータモデル・青木美沙子の心意気
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
日本の少女マンガに女性像の未来を見ようとするアメリカ
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
「魔法少女モノ」アニメ-ションの人気ランキング
イギリスで「日本漫画大討論会」
コミックマーケットに見る日本の底力
コミケ中止の波紋 漫画文化の危機か?
https://05448081.at.webry.info/202006/article_20.html
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
フランスで第12回ジャパンエキスポ(2011)が開催される
ベルギーで開催のジャパンエキスポにK-POPが押しかける
ドイツ人がこどもにサクラと名前をつける
スペインの日本オタクたち
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
日本を訪れるべき「オタク」的理由10選
映画「下妻物語」 海外のレビュー
ポップカルチャー外交が変える日本のイメージ
「アニメも韓流」と報じるメディア
中国メディア「日本のコスプレは冠位十二階が発祥だ」
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
「すごい日本ブーム」を考える
日本アニメの底力 カロリーメイトCM
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
英BBC 「日本のクリミア検事総長萌え」を報じる


手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編
復刊ドットコム
うさこ/USAKOの洋裁工房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル