韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授

韓国メディアが「ノーベル文学賞確定ニダ」と大騒ぎした詩人高銀について、東亜日報がエール大学教授の談話を載せています
著名な文学研究者に、「高銀はノーベル文学賞を受けるだろう」と予測を語らせ、あたかも確定したかのように宣伝する内容の記事です。こんな真似をしたところで何の益もないのですが、韓国の人たちは虚栄心をくすぐられて満足に浸るのでしょうか?
元記事は韓国語なので、いつものようにインターネットの掲示板「2ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳を引用・紹介します


《「コ・ウン(高銀)詩人の作品が大好きです。明澄な詩語があたかもきれいな鐘の音を連想させます。すぐにノーベル文学賞を受けるだろうと思います。現代小説の中ではキム・ヨンハ氏の作品を楽しんでいます。‘光の帝国’を英文翻訳版で読みましたが、南へ派遣された定着スパイが直面した状況で南北関係の現実を見せる設定が良いですね。》
ジョン・トリート、エール大教授(東アジア言語・文学)は米国学界でも珍しい近代韓国・日本文学研究者だ。1973年、研究のため初めて韓国を訪れて以来、ソウル大や梨花(イファ)女子大の招へい教授など、代表的な知韓派学者として知られる。
最近では日帝強制占領期に活動したイ・グァンス(李光洙)、チャン・ヒョクジュなど親日論議がある作家に関する研究成果で「太陽に近すぎる(Too Close to the Sun)」という本を書いている。太陽は自らを‘太陽の国’と呼ぶ日本をさす。
トリート教授は李光洙の初期短編小説‘愛なのか(1909年)’を‘May be Love’という題名で翻訳し米国学界に紹介した李光洙専門家でもある。2005年、李光洙の長編小説‘無情’を英語に翻訳した李光洙の孫娘イ・ソンヒ氏(米国名アン・リー)と交流し李光洙への関心が一層深くなったという。
彼は「‘愛なのか’は当時17才だった李光洙が外国語(日本語)で書いた作品である点を思えば、彼がどれほどすごい作家なのか分かる」と絶賛した。だが、彼は近代韓国文学への李光洙の莫大な寄与にもかかわらず、日帝強制占領期の彼の親日行跡は「弁解の余地がない」と言い切る。
(中略)
トリート教授は11日、慶煕(キョンヒ)大で‘ハルキ作品の読み取り’という主題で公開講演も行った。流ちょうな日本語を駆使する彼は米国でも村上春樹専門家として知られる。最近、新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の出版で韓国に吹いているハルキ熱風をどう見るか気になった。
「日本の作家だがハルキ作品にはアメリカ的な要素が多いです。主人公の生活方式はもちろん小説に登場する食べ物や映画、さらに文体まで非常にアメリカ的です。韓国や米国での彼の人気はこういう文化に対する親しみに起因する側面が多いと見ます。もちろん作家としてハルキの創造力とエンターテイナー気質も一役買うようです。」
彼は韓国料理愛好家でもある。「韓国の冷麺、特にムルネンミョンが好きで韓国にくるたびに初めての食事は冷麺にします。食べるたびにその味が新しく感じられます。2週後に米国に帰る前に全州に行って‘元祖’全州ビビンパも味わうつもりです。」
ウ・ジョンニョル記者
ソース:東亜日報(韓国語) ジョントゥリッ「明澄な詩語はきれいな鐘の音連想…コ・ウン詩人ノーベル賞まもなく受ける


冒頭で詩人高銀に言及しているだけで、中身はスカのような記事です
おそらく取材する東亜日報の記者に、「高銀の詩をどう思うニカ。彼はノーベル文学賞候補なのだが」と話を振られ、それに応じたのでしょう
韓国の詩人高銀といえばノーベル文学賞候補として取り上げられ、受賞の通知もないのに「現地で受賞の報せを聞きたい」と韓国の記者やカメラマンを大勢引き連れてストックホルムまで出向き、他人の名前を読み上げるニュースをテレビで眺めて凍りついていた人物です
ノーベル賞委員会から韓国文芸協会に詩人高銀について照会が入ったのが騒動の発端でした
これはプロフィールの確認といった単なる事務手続きに過ぎなかったのですが、韓国の文芸協会は高銀がノーベル文学賞候補に選ばれたと騒ぎ出します
韓国のメディアも、「高銀がノーベル文学賞の最有力候補に挙がっている」と大騒ぎをし、ついには「ノーベル文学賞を取ったも同然」という扱いを始めます
詩人高銀もメディアの煽りに乗せられストックホルムまで出かけるに至りました
大恥を晒した結果、詩人高銀はノーベル賞発表が近づくと家にこもり、門を閉ざしてメディアを避けるようになったと伝えられています
この東亜日報の記事を見る限り、韓国はまだまだ高銀のノーベル文学賞受賞に期待し、同時に村上春樹に先を越されるのを恐れているのでしょう

(関連記事)
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
ノーベル文学賞はカズオ・イシグロ 韓国の反応
2016年の日本人ノーベル賞候補は3人
今年(2015)もノーベル文学賞を諦めない韓国
「K-POPの次はK文学ブームを」と書く韓国メディア
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
日本のノーベル賞受賞を妬む韓国の反応
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛
稚拙な反日政策を自省する韓国メディア
ノーベル文学賞を熱望する韓国
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国
2010年ノーベル賞の発表は10月4日から
ノーベル化学賞、鈴木北大名誉教授と根岸米大教授
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
「建築界のノーベル賞強国日本」と羨む韓国
韓国「オーケストラを呼んだけどパイプオルガンがない」
北里大「バナナの皮がすべる理由」でイグノーベル賞
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
ボブ・ディラン ノーベル文学賞無視


村上春樹を読む。 (文庫ぎんが堂)
イースト・プレス
宮脇 俊文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 村上春樹を読む。 (文庫ぎんが堂) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル