16歳少女を殺人、死体遺棄で逮捕

7月14日、広島県呉市の山中に友人を殺害して遺体を捨てたと警察に自首してきた16歳の少女が逮捕されたと報道されています
事件の詳細は不明ですが、逮捕された少女と被害者は同じ専修学校に通っていた元同級生なのだそうです
運転免許を持たない2人が車で呉市の山の中まで移動しているのを考えると、他にも関わっていた人物がいるのでしょう


16歳の少女が同級生を殺害し、遺体を山中に遺棄した広島県の事件は、その後の捜査により、合計7人の男女が殺害に関わっていた容疑で逮捕された。ネット上には、逮捕に至るまでに、仲間同士で交わされた無料通話アプリ「LINE」の生々しいやりとりが登場し、その内容が「怖すぎる」と話題になっている。
この事件は12日、広島市の16歳の少女が「友人女性の遺体を山中に捨てた」と、自首したところから始まったもの。当初、少女は単独犯行を主張し、山中に向かった車に関してもあいまいな供述を繰り返していたが、その後、知人の車で山中に向かったこと、集団で暴行を加えたことなどを自供し、7人の逮捕に至った。
しかし、少女が自首および共犯の存在を認めるまでには、多くの逡巡があったようで、少女は友人とLINEで頻繁にやりとり。その一部をマスコミが報道しており、
「なんで殺したん?」(原文ママ。以下同)
「わからんはらたったけん」
といったやりとりや、
「ころしたるわいゆうてゆうたらわかったころしにこいやゆうけえころしたった」
「殴って蹴ってやら根性焼きやらしよおたらあんま動かんくなって、それで首絞めて最後に首の骨おってなげてすてた」
など、殺害状況の説明、さらに自首直前の
「正直いつでてこれるかわからんけど、でてきてまた、あそぼーね」
「けじめつけてきます!! ぢゃあ、いってきます」
という少女の書き込みや、捕まった後の、
「うち、捕まるの嫌で逃げようとしたでも、捕まって凄い動揺しとる」
「皆裏切ってごめんね」
という心境までが、詳らかにされている。


さて、現在報道されている情報だけでは、事件の背景は不明瞭です
犯人と被害者は高校へは進学せず、高校卒業資格が得られる専修学校へ通っていたと見られます。高校へ進学できなかった者同士、という親近感が2人の間に存在していた可能性もあり、親しい関係だったのでしょう
その2人が仲たがいをした上で殺人事件に至ったと推測できるのですが、どのような経緯があったのかは不明であり、続報を待ちましょう
産経新聞は犯罪学者や心理学者のコメントを引用して、感情爆発による「いきなり型」の少年犯罪が増えているとの記事を掲載しています

広島の遺棄被害少女が書き込み 感情暴発 「いきなり型」増える

かつて教育評論家の尾木直樹が、問題のないいい子が凶悪な事件を起こす「いきなり型」の犯罪が増えていると発言していた時期があります
しかし、問題のないいい子との決めつけは事件発足当初の情報不足によるものであり、詳細を眺めれば異常な言動が認められたり、暴力と性にまつわる幻想を内に秘めているケースが珍しくありません
佐世保市で小学生の女子児童が同級生の首を切りつけ殺害する事件があったのですが、これも「いきなり型」の犯罪などではなく、加害者と犯人の間に複雑な愛憎・確執があったと判明しています
最近の子供達はキレやすいのでいきなり凶悪な犯罪に走ると決めつける指摘は、事件の表面しか見ていない者の判断でしょう
小学6年生の女子がそれほど複雑な葛藤や確執を抱えているはずがない、との思い込みが、事件を読み誤る原因です
16歳の思春期の少女はもっと複雑だと、犯罪学者や心理学者は想像しないのでしょうか?
「いまどきの青少年は直接の交流が下手なのだ。だから言葉の行き違いで殺人にまで至るのだ」と決めつける学者たちは、犯人の内に抱える欲望に思いを馳せたりはしないのです。これでは事件の意味など読み取れるはずもありません

(関連記事)
広島少女遺棄事件 主犯少女に懲役13年判決
広島少女遺棄事件 少年少女たちの刑罰
広島少女遺棄事件 無軌道な少年少女の暴走
広島少女遺棄事件 7人で集団暴行か?
小学六年生女子児童による殺人事件
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年生女子児童による殺人事件 3
小学六年生女子児童による殺人事件 4
小学六年生女子児童による殺人事件 5
小学六年生女子児童による殺人事件 6
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
佐世保の小6女児殺害発生から8年 「マナーで人の心、優しく」
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
三重・中学生殺害事件を考える 犯行の狙い
三重・中学生殺人を考える2 「金目当ての犯行だった」
三重・中学生殺人を考える3 地元の反応
「少年犯罪は厳罰化しても減少しない」説への異論
ラーメン殺人判決公判も美談扱いの怪
千葉女性監禁殺害事件を考える1 幼なじみ
千葉女性監禁殺害事件を考える2 金銭トラブル
千葉女性監禁殺害事件を考える3 中野被告は無期懲役
千葉女性監禁殺害事件を考える4 主犯格少女は殺意を否認
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
三重・高3女子刺殺事件を考える1 殺害を頼まれた
三重・高3女子刺殺事件を考える2 自殺の遺伝子


佐世保事件からわたしたちが考えたこと―思春期の子どもと向きあう
ジャパンマシニスト社
岡崎 勝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 佐世保事件からわたしたちが考えたこと―思春期の子どもと向きあう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル