一斗缶殺人事件で懲役28年の判決

大阪市天王寺区で一斗缶に入った死体が発見されるという事件があり、妻と長男が失踪したと届け出ていた藤森康孝容疑者が死体遺棄容疑で逮捕されたのが一昨年の話です
殺害方法、殺害の具体的な理由について藤森被告は供述を拒み、遺体をバラバラに切断して遺棄した事実は認めるものの、殺害そのものは否認してきました
大阪地方裁判所は藤森被告の殺人と死体遺棄を認定し、懲役28年の実刑判決を言い渡しています
藤森被告は妻と長男が無理心中したので、その遺体を当時修学旅行で家にいなかった次男に見つからないようにするためバラバラに切断した、と主張してきたのですが、裁判官はそれを不自然な説明だと退けています

一斗缶事件初公判、検察側「遺体切断…殺人の犯人でなければするはずない」

この事件では弁護側の申し立てで精神鑑定が実施され、臨床心理士の長谷川博一氏が担当しています。鑑定の結果、「被告は発達障害の疑いがある。殺害せずに遺体を解体し子供に知らせないために遺体を隠す、という行動は心理学的に説明は可能だ」との見解を述べているのですが、そうなのでしょうか?
藤森被告は長年、大阪市内の製薬会社に勤務しており、発達障害による社会不適応があったのかは疑問です(具体的な症状、対人トラブルなどなど、発達障害だと認めるに足るエピソードがあったのかどうかは不明です)
なお、検察側は藤森被告が消費者金融に多額の借金があり、その返済のために生命保険を妻に無断で解約していたと指摘しています。生命保険金を勝手に解約したことを妻に咎められたのが殺害に至った直接の動機、との説明です
被告人周辺の金の流れを追って立証したのでしょう。地道な捜査の賜物です
一方で藤森被告は妻と長男が無理心中をしたと主張しているわけですが、無理心中を図るそれ相応の理由は明らかにできませんでした

(関連記事)
大阪バラバラ殺人 夫が妻子を殺害
佐川一政 パリ人肉食事件を考える1
島根女子大生遺棄事件を考える 1
島根女子大生遺棄事件を考える 2
島根女子大生遺棄事件を考える28 劇場型犯罪
福岡女性バラバラ事件を考える1 怨恨による犯行か
高校教師が殺人動画を生徒に見せ停職処分に
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
ロシア政府が米映画「チャイルド44」を批判、上映禁止
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性


精神鑑定とは何か―責任能力論を超えて―
明石書店
高岡 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 精神鑑定とは何か―責任能力論を超えて― の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル