宮崎駿「慰安婦で日本は謝罪すべき」発言で物議

宮崎駿監督の劇場版新作「風立ちぬ」が今日から公開されています
作品に関しては別の機会に取り上げるとして、J-CASTニュースはスタジオジブリ発行の小冊子に掲載されたインタビューの中で、宮崎駿が「慰安婦の問題もそれぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。領土問題は、半分に分けるか、あるいは『両方で管理しましょう』という提案をする。この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません」と発言し、反響を呼んでいると記事にしています
アニメ監督がどのような思想・信条を有しようと、それをとやかく言うつもりはないのであり、作品とはまた別の話です
ただ、政治問題として考えた場合、宮崎駿が主張する内容には首を傾げざるを得ません

「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」 宮崎駿監督のインタビュー記事が物議

日本は日韓基本条約、及び日韓共同宣言を締結し、韓国側に賠償金も支払っています。「慰安婦に賠償をしていない」という見解は韓国政府の宣伝であって事実とは異なるのです
日本政府は個人賠償を提案したのですが、韓国政府がこれを拒否し、「賠償金は韓国政府が一括して受け取る、これをどう分配するかは国内問題である」との姿勢貫いたわけです
慰安婦を自称する人たちが韓国政府から賠償金を受け取れなかったのは韓国政府の責任であって、日本政府の責任ではありません
加えて、竹島問題に関しては「共同管理しましょう」と提案したところで韓国政府が拒絶するのは明白です。日本の領有権を頭から否定しているのですから、共同管理に応じるわけがないのです。もちろん、半分に分けるという提案も拒絶するでしょう
宮崎駿の発言はこれまでの経緯をまったく無視したものです
72歳になってこの程度の認識しか持ち合わせていない、というのも困ったものです
自分の考えにそぐわない意見、情報は遮断し、思い込みの中で生きているからこそ「共同管理」だの、「領土を半分に分ける」などという幼稚な発想で何かを解決できると信じているのかもしれません
こうした宮崎駿の発言に賛同する人たちは、鋭敏な政治意識の持ち主を気取っているのかもしれませんが、現実を認識できていないのか、お花畑思考の持ち主ではないかと思われます
72歳になっても旺盛な創作意欲を維持している姿には感銘しますが、掲げるところの思想・信条には呆れるばかりです

(関連記事)
宮崎アニメを批判する福岡教育連盟
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿監督 引退会見ライブ
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
「進撃の巨人」で再び愚論を書く韓国メディア
「進撃の巨人」を論評する韓国メディア
「安倍政権で日本のエンターティメントが右傾化」と報じる朝日新聞
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」は7月16日公開
「紅の豚」 18年目にしてイタリアで初上映
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
「アリエッティ」韓国で公開 「ジブリのアニメ製作に学べ」
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「ナウシカ解読」

構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
https://05448081.at.webry.info/202006/article_32.html
映画「耳をすませば」
ももクロの歴史認識と戦争対談


風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19
徳間書店
宮崎駿

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル