「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫

さて、宮崎駿の思想・信条について先日取り上げたところですが、今日は作品の話をします
20日の公開は全国343館、454スクリーンという規模で行われ、観客動員も好調だったと伝えられています。興行収入予想では「崖の上のポニュ」で記録した155億円を上回る勢いで、「もののけ姫」の193億円に迫ると書いているメディアもあります
1本のアニメーション映画が社会現象と呼べるほどの反響を引き起こすのですから、宮崎駿はやはり怪物なのかもしれません
話題になっている4分間の予告編からも、作品の魅力が伝わってきます

風立ちぬ 劇場予告編4分



とはいえ、最近の宮崎駿の作品がどれも手放しで絶賛されるほど素晴らしいものであったとは思えません
「ハウルの動く城」は後半のストーリー展開が飛躍しすぎており、説明不足のために何がどうなっているのか理解できない観客が大半だったはずです
「千と千尋の神隠し」でも、後半の千尋が電車にのって銭婆の許へ赴くところからまるで別の作品になったかのようにがらりとトーンが変わってしまい(水面の上を列車が走る印象的なシーンであり、映像としては見事なのですが)、戸惑った観客も少なくなかったと考えます
絵コンテの段階で、「これでは話の辻褄が合わない」と誰か指摘してもよさそうなほど重大な問題なのですが、スタジオジブリ内では宮崎駿に直言できる人はいないのでしょう
宮崎作品のストーリー展開の破綻ぶりについて、岡田斗司夫が「最近の作品にろくなものがなかった」と端的に語っています。それゆえに、「風立ちぬ」はストーリーに破綻を感じず名作になっているとの論法です

岡田斗司夫ゼミ#278(2019.4)『風立ちぬ』完全解説~堀越二郎を誘惑する3人の悪魔


あとは映画館へ行き、自分の目で確かめるべきであり、本編を見ないままあれこれ言っても始まりません
最近は漫画を実写化する例が目立ち話題には事欠きませんが、日本の映画作りとしてそれでよいのかと思ってしまいます
逆に本作品のように、実在する人物を軸としてオリジナルのストーリーをアニメーションで表現する力技(5年もかけて)をやってのける宮崎駿の存在が、日本の映画界を支えているように見えます
堀辰雄の小説「風立ちぬ」は過去に2度映画化され、4度テレビドラマ化されています
しかし、戦闘機の設計者である堀越二郎の生涯を堀辰雄の小説「風立ちぬ」に重ねて描き出そうという破天荒な試みをしたのは宮崎駿だけです。この大胆な試みが成功し、1つの作品として昇華されたのであれば日本映画界にとって大きな収穫と言えるでしょう

(関連記事)
宮崎アニメを批判する福岡教育連盟
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
宮崎駿の後継者を論じる中国メディア
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿監督 引退会見ライブ
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
韓国アニメのクリエーター「すぐには宮崎駿になれない」
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」は7月16日公開
「紅の豚」 18年目にしてイタリアで初上映
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
「アリエッティ」韓国で公開 「ジブリのアニメ製作に学べ」
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「ナウシカ解読」
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
https://05448081.at.webry.info/202006/article_32.html
映画「耳をすませば」
宮崎駿「慰安婦で日本は謝罪すべき」発言で物議
ももクロの歴史認識と戦争対談
韓国メディア「王とポルノが共存する日本精神の深層」


仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書)
岩波書店
鈴木 敏夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 仕事道楽―スタジオジブリの現場 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル