2020年に月面着陸を目指す韓国

韓国政府が月に着陸船を送り込むプロジェクトの前倒しを決定した、と報じられています。2025年に月面着陸用の無人探査機を送り込む予定でしたが、これを5年前倒しして実現しようという無茶な話です

2020年、韓国のロケットで月に行く

5年も前倒しして実現できるとは思えないのですが、記事を読む限りNASAの全面的な協力が得られるので可能だ、と考えているようです
人工衛星さえ外国企業に丸投げして製作してもらい、それを「純国産の衛星ニダ」と嘘の報道をしている韓国ですが、月の探査機もNASAに設計・製造してもらうつもりなのでしょうか?
NASAがそこまで韓国に協力する理由を考えると、アメリカの財政赤字が原因でNASAの予算が大幅に削減されているとの事情が思い当たります。金を稼ぐためにNASAの技術を韓国に売り、予算削減分を少しでも埋め合わせようとの狙いがあるのでしょう
もちろん探査機が完成すれば、(NASAの協力はあったものの)ほとんどすべてが韓国の技術で開発されたと自画自賛の報道を展開し、酔いしれるのが目に見えます
たとえNASAに数百億円単位のお金を支払ったとしても、「我々は独力でやり遂げたニダ。こんなことができるのは韓国人だけニダ」と叫び、自己満足に浸りたいのが彼らです
そして月の表面に太極旗を突き刺すことで、絶頂感を味わおうというわけですとても日本人には理解できません
もちろんそれだけ(国威発揚)のためだけではなく、月探査機を打ち上げるだけの能力を有する大型ロケット開発が狙いであり、大陸間弾道ミサイルへの転用を視野に入れたものと見て間違いありません
しかし、指摘するまでもなく隣国北朝鮮との戦闘に大陸間弾道ミサイルなど必要はなく、これは日本や中国を牽制するための道具でしょう
韓国はアメリカとの協定で長射程のミサイルの開発を禁じられており、不満でならないのです。そこで月探査のために大型ロケットが必要だとの理由をこじつけ、開発を進めようと企図しているように映ります。費用を考えると割の合わない投資なのですが

(関連記事)
日本の有人月面着陸計画
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
新型ロケット「イプシロン」成功を妬む韓国
ロケット開発焦る韓国 トラブル続出で打上げを10ケ月先送り
韓国が米と宇宙技術協力協定締結 NASAの技術入手と浮かれる
韓国大統領訪米も成果なく手ぶらで帰国
日本の月面探査計画に怒る韓国
日本に負けない韓国の宇宙開発?
日本が月面探査に乗り出す
韓国の2016年月面探査計画
こうのとり5号打ち上げ成功 韓国の反応
韓国のレーダー偵察衛星 8月22日に打ち上げ
ロケット打ち上げに執念を燃やす韓国
韓国のロケット、3度目の挑戦で打ち上げ成功
北朝鮮のロケット技術に嫉妬丸出しの韓国
韓国テレビ H2Aロケットから日の丸を削除し放映
韓国衛星「アリラン3号」成功後の韓国の反応
水循環変動観測衛星「しずく」の打ち上げ成功
中国がロケット打ち上げに失敗 残骸が村に落下
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
日本の情報収集衛星を敵視する中国
日本の観測衛星打ち上げ延期 相乗りの韓国衛星が未完成のため
情報収集衛星レーダー3号機打ち上げ 韓国メディアの反応
日本の宇宙開発を見下す中国メディア
ロシアの火星探査機 航行エンジン作動せず失敗か
中国宇宙ステーション建設へ 目的は謎
情報収集衛星打ち上げに成功
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
アリアンⅤロケット 韓国の気象衛星打ち上げ成功
「あかつき」金星周回軌道投入成功 韓国の反応
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
日本の火星探査は2022年予定


アポロ11号 月面着陸から現代へ
河出書房新社
ピアーズ・ビゾニー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アポロ11号 月面着陸から現代へ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル