東アジア杯敗北 韓国メディアの言い訳

サッカーの東アジア杯で日本が韓国を下し、優勝を決めました
試合展開などは数多く報道されていますので省略し、韓国メディアが今回の敗北をどう表現しているか、取り上げます


◆応援も完敗=日本の過激ファンが旭日旗を3分間ほど振り、冷ややかな視線が向けられた。日本帝国主義を象徴する旗だ。
韓国代表サポーターのレッドデビルズは試合前に愛国歌が流れた直後、李舜臣将軍と安重根義士が描かれた大きな幕を広げ、韓日戦の雰囲気を高めた。これとともに「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた幕も登場した。サッカー協会は事故を防ぐため、これを撤去するよう要請した。
問題はその次だ。レッドデビルズは幕を下ろした後、応援をボイコットした。声がかれるほど応援するウルトラスニッポンとは違い、レッドデビルズは旗も振らずに黙々と試合を観戦した。時々、一般観客が力強く応援したが、組織的に対応する日本のサポーターが蚕室の雰囲気を主導した。
◆勝つのが難しくなった日本戦=日本との歴代対戦成績は76戦40勝14敗22分け。しかし00年以降は4勝4敗6分けと互角だ。最近の4試合は2敗2分けと一度も勝っていない。札幌で行われた2011年8月の“0-3惨敗”を雪辱する計画も果たせなかった。
2010年南アフリカワールドカップ(W杯)が終わった後、日本はイタリアのACミランやユベントスなど名門チームを指導したザッケローニ監督(60、イタリア)に代表チームを任せた。一方、韓国は趙広来(チョ・グァンレ)監督、チェ・ガンヒ監督を経て、すでに3人目だ。2014ブラジルW杯まであと1年も残っていないが、韓国はまだ下絵を描いている
<東アジア杯>日本に惜敗の韓国、残念だったが実力だけが自尊心(2)


何をどう表現するつもりなのか、頭が混乱したまま記事を書いているのかもしれません。日本に勝って憂さ晴らしをするとか、韓国の優秀さを自画自賛して満足感に浸ることしか頭になかったため、敗戦に茫然自失となり、とりとめもない内容の記事になってしまったようです
ホームで開催の大会ですから、当然優勝するつもりだったのでしょう
しかし、代表監督が替わってから間もない大会であり、戦術を仕上げるまでには至らなかったと思われます
それでも若手選手の活躍を指摘し、今後への期待をにじませているのがせめてもの救いだと言えます
記事ではさらりと触れているだけの横断幕ですが、結果からすれば韓国サッカーを自ら貶める行為です
毎度ながらサッカーとは無関係な横断幕を掲げ、物議を醸すような真似を繰り返す韓国に反省などないのでしょう
日本との対戦で、観客席に安重根(伊藤博文を射殺した犯罪者)の肖像を掲げればそれで日本代表チームが恐れをなすと思い込んでいるのですから、うんざりさせられます
日本のチームのメンバーの中で、あれば安重根の肖像だと認識できた者はいないはずであり、たとえそうだと分かったとしても肖像を掲げる意味は理解できないでしょう
このような幼稚な真似をいつまで繰り返すつもりなのかは知りませんが
サッカーという文化を育むことができず、政治的なパフォーマンスの場にしかできない韓国サッカーに未来があるとは思えません

(関連記事)
サッカーで韓国惨敗 「横浜惨事」と書く韓国メディア
https://05448081.at.webry.info/202103/article_45.html
サッカー日韓戦10年ぶりも反対意見多数
https://05448081.at.webry.info/202103/article_36.html
サッカー暴行事件で浦和を批判し、韓国チームを擁護する張本勲
サッカー暴行事件 浦和レッズを襲った韓国チームに制裁
サッカーのオリンピック最終予選 日本が韓国を下す
練習妨害のFCソウルに怒るリッピ監督
サッカー「ユーロ20」に招待される日本 嫉妬する韓国
サッカー日韓戦 大敗に憤る韓国人の声
サッカー日韓戦敗北のいいわけ特集 韓国メディア
韓国サッカーリーグ八百長問題
なでしこ優勝に中国・韓国監督は「日本に勝てる」と豪語
サッカー日本代表 8月韓国戦の発表に批判の嵐
「精神力では我々が上」と主張する韓国サッカーの敗北
サッカー・アジア杯 韓国選手猿真似パフォーマンスで処分か?
韓国選手「猿真似」問題2 韓国メディアのおかしな釈明
韓国選手「猿真似」問題3 スコットランドメディア激怒
韓国選手「猿真似」問題4 韓国メディアと日本メディアの違い
W杯予選 イランと韓国の誹謗中傷合戦
サッカー 韓国の勝利に驚嘆し妬む日本
香川真司の活躍でボルシア・ドルトムントがリーグ優勝
女子サッカー 「日本の鼻っ柱を折れ」と書いた韓国メディア
サッカー元日本代表前園 タクシー運転手殴り逮捕


週刊サッカーマガジン増刊 サッカー日本代表W杯出場記念号 2013年 6/20号 [雑誌]
ベースボールマガジン
2013-06-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊サッカーマガジン増刊 サッカー日本代表W杯出場記念号 2013年 6/20号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル