中国最新のロボットアニメ「KAINAR」はガンダムの・・・

中国では日本を上回る数のアニメーションが制作され、テレビ放映されています
しかし、それらの作品が日本で公開される可能性は皆無であり、日本のメディアも紹介しようとはしません。報道する価値もない、との扱いなのでしょうか?
中国のアニメに対し日本人の関心が限りなくゼロに近いのですから、メディアにすれば報道する価値がない、ニュースバリューがないと判断するのも当然なのかもしれません
が、それでもどのような作品があるのか、野次馬根性旺盛な自分としては大いに気になるところです
現在放映中の作品の中から、ロボットアニメ「超限獵兵凱能(Asy-Tac FronteerKAINAR)」を紹介します
作品の一部を見ただけで、「これはガンダムのパク・・・」と言いたくなる内容です


超限獵兵凱能(Asy-Tac Fronteer KAINAR) 最新片花



ロボットキャラのデザインに力を入れているのは伝わります(玩具メーカーと組んでプラモデルを売りだしているためでもあります)
グリグリと動く戦闘シーンが最大の見せ場ですが、そこはやはりガンダムの影響が色濃く感じられます
単なるパクリ作品と言われないためには、物語や登場キャラ、メカでよほどの新機軸を盛り込まなければなりません。それができなければ亜流の作品と認定されてしまうだけです
作品に関しては「中国アニメブログ ちゃにめ!」さんのところが一番の情報源でしょう
中国のアニメと紹介していますが、制作は台湾のアニメ制作会社です

中国のロボアニメ「超限猎兵 凯能 KAINAR」 放送が開始されたのでちょっとだけ見てみた

富野由悠季みたいな脚本を書ける人間がいれば、奥行きのある物語になるのでしょうが、まだまだ始まったばかりで話の展開は見えません
ただのロボット・バトルもので終わる可能性もあります
どこまでやれるのか、彼の国のアニメーターの腕前に注目しましょう

(関連記事)
ガンダムのパクリアニメ 韓国の「フェニックスキング」
韓国のひどいアニメ「スペースガンダム∨」
なぜガンダムは海外で人気がないのか
「ガンダムを知らない米国人」と書くジャーナリスト
お台場にガンダム その反響
「ガンダム・データベース」の作り方
「紅の豚」のパクリ 韓国アニメ「Mateo - The Great Pig Pirate」
劣化版「けいおん」 韓国のパクリアニメ「Super Hams Band」
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
韓国のパクリアニメ「稲妻アトム」 劣化がひどい
エヴァを見るため氷点下でも並ぶロシア人
人が搭乗できるロボットを作ってしまう日本
日本発の玩具 ペットボトルでRPG-7
米アニメ「シンプソンズ」が宮崎アニメのトリビュート
ちょっと驚く中国アニメ「岁城璃心-鬼蜮咒原篇」