「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評

宮崎駿監督の劇場版アニメーション「風立ちぬ」公開以降、さまざまな言論が作品や監督について論評を掲げています
そうした論評を読みつつ、1本のアニメが多様な反響を引き出し、社会現象化する様を考察するのも楽しみ方の1つでしょう
基本的に自分は作品と作者の政治信条などは別、と考えており、作者がいかなる政治思想の持ち主であろうとも作品は作品として語るべきだと思っています
しかし、異なる考えの持ち主もいて、作者の政治信条から作品を語らしめようとする人もいます。もちろん、それもありでしょう
今回は「言論プラットフォーム アゴラ」に掲載された石田雅彦の「『宮崎駿』こそ日本のジレンマと矛盾」を引き合いに出しつつ、語ろうと思います

「宮崎駿」こそ日本のジレンマと矛盾

最初に指摘したいのは、あれこれ例を挙げて「矛盾している」と断じたところでどこへもたどり着けはしないということです
言うまでもなく石田雅彦の狙いはそんな稚拙な決め付けではなく、宮崎駿が武器と戦争とか、戦後の日本社会、などなどへの答えとして「風立ちぬ」を作り、他方で憲法擁護を主張する文書を公開したりと、足掻き続けている様を指摘しその矛盾しているように映る営みこそが今の日本人の姿だと言いたいのでしょう
ですが、その論旨のすべてに同調し、賛成できるというものではありませんたとえば以下の行です

大恐慌や庶民の貧困などを描いているとはいえ、それは単なるエピソードの域を出ず、メルヘンの世界に過ぎない。関東大震災にいたっては、ヒロインとの出会いをお膳立てる役割しか担っていません。ヒロインの菜穂子について少し言及すれば、不治の病におかされつつも「美しいまま」主人公の元を去る、という設定自体、「戦争へ突入していく美しい日本」を重ね合わせているのではないか、と思ったりもします。

「単なるエピソード」であり「メルヘンの世界」と決めつけ、語る価値がないかのように断じるのはいただけません
菜穂子は結核で死期が迫っているのを自覚しており、だからこそ彼女の生は「美しいまま死を迎える」ことに費やされるのです。飛行機開発で頭がいっぱいの二郎の中に入り込む余地がないと分かっていてもなお、二郎の近くで「美しく」ありたいと願い、そのために己の人生を賭ける道を選んだわけであり、他の道は考えなかったのでしょう
しかし、当時の日本は戦争へと傾斜を強めながらも、「美しく散る」ことを願ったわけではありません。死を覚悟した菜穂子と、英米に戦争で勝利する夢を見た日本とを同一視するのは無理があります
矛盾を抱えて迷い、ためらい、思い倦ねる我々の現実からすれば、迷いのない菜穂子の決断と行動(そこへ至るまでには壮絶な苦悩があったのですが、宮崎駿はあえてそこを描いたりはしません。それを描くと美しくなくなるからです)は、際立っています
この作品の重要な要素である菜穂子の生き様を「単なるエピソード」とか、「メルヘンの世界」で片付けてしまったのでは、作品を読み違える結果につながります
戦争へと傾斜してゆく暗い時代でも美しく生きようとした人がいたと宮崎駿は言いたかったのでしょうし、美しい飛行機を作ろうとした人がいたと伝えたかったのでしょう
宮崎氏自身の中にある「矛盾」に対する解答を出せ、と鈴木氏から迫られた結果「風立ちぬ」を制作したものの、この作品は答えになっていない(矛盾が解消されていない)と石田雅彦は指摘するのですが、自分には十分答えになっていると感じます
また、石田雅彦は触れていないのですが、憲法九条を擁護し改憲に反対する行為そのものが、戦後の矛盾した日本社会を延命させる結果をもたらします
「自衛隊は軍隊ではない」との詭弁をこの先、何十年も用い続けるのでしょうか?
戦後の日本社会は駄目だ、と言うのであれば憲法を改正し、新たな枠組みで社会を構築し直すという手もあります。当然、宮崎駿は「今の人間に憲法なんて作らせちゃ駄目です。ろくでもない憲法を作るに決っているから」と反対するのは明らかですが

(関連記事)
宮崎アニメを批判する福岡教育連盟
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
ナウシカのメーヴェを飛ばした日本人 海外の反応
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿監督 引退会見ライブ
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
宮崎駿「慰安婦で日本は謝罪すべき」発言で物議
韓国アニメのクリエーター「すぐには宮崎駿になれない」
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」は7月16日公開
「紅の豚」 18年目にしてイタリアで初上映
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
「アリエッティ」韓国で公開 「ジブリのアニメ製作に学べ」
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「風の谷のナウシカ」の神話学を考える
https://05448081.at.webry.info/202007/article_2.html
「ナウシカ解読」
構造主義の立場で「風に谷のナウシカ」を語る その1
https://05448081.at.webry.info/202006/article_32.html
映画「耳をすませば」
ももクロの歴史認識と戦争対談


風立ちぬビジュアルガイド (アニメ関係単行本)
角川書店
2013-07-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 風立ちぬビジュアルガイド (アニメ関係単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル