アントニオ猪木「拉致解決で幸せか?」と詭弁

北朝鮮を訪問したアントニオ猪木が記者会見をし、拉致問題に関して日本人は洗脳されていると批判を展開したと報道されています


猪木氏は、日本国民は拉致問題に関して一方的な見方しかできていないと受け止めているようだ。「洗脳」という言葉を使いながら、このように現状認識を披露した。
「この拉致問題において日本の人たちが、テレビで毎日あれだけ(拉致関連のニュースを)見ましたから、結果的には、これが『洗脳された』という言い方はちょっと語弊があるかも知れませんが、その位に『拉致、拉致、拉致』という。よく私は講演でも、『では、拉致が解決したら、我々は幸せになれますかね?』というと、皆さん『えっ?』という顔をして、そうすると、今まで凝り固まっていた考え方、色んな視点をちょっと変える。そうすると、もっと知恵が出てきて、解決をどうしましょうと(なる)」
「拉致解決したら幸せになれるのか」 アントニオ猪木氏が特派員協会で独自見解


稚拙な詭弁にもほどがあると言いたくなる発言です
「拉致が解決したら我々は幸せになりますかね」とは、誰に向かって発言しているのでしょうか?
「我々」とは拉致被害者家族以外の人を指しているのでしょう。つまり、拉致被害者の家族ではない我々にとって拉致問題はどうでもよい事象にすぎないのであり、むしろ拉致問題が障害となって北朝鮮との友好関係が傷つくことの方が実害が大きのだ、とアントニオ猪木は言いたいわけです
北朝鮮の犯罪行為が日本の主権を踏みにじっているのであり、それはすべての日本人に対する犯罪行為です
北朝鮮との友好より拉致問題解決の方が数万倍も重要であり、拉致問題の解決なしに北朝鮮との友好などあり得ません
アントニオ猪木は北朝鮮に洗脳され、頭がイカれてしまったのではないかと言いたくなります
さらに、「拉致問題を国際社会に訴えるのはおかしい」との指摘も胡散臭さが漂います。北朝鮮からこの点を強調するよう司令でも受けたのでしょうか?
北朝鮮の犯罪行為を世界にアピールするのは当然であり、非難される行為ではありません
また、アントニオ猪木は拉致被害者名簿の精度を問題視したと記事にあるのですが、これは特定失踪者名簿と取り違えているのだと思われます
この記者会見で伝わってくるのは、アントニオ猪木が北朝鮮側の言い分をそのまま日本に伝える役割に担った、「北朝鮮の飼い犬」であるという事実です
「維新の会」はこのような北朝鮮のスパイ同然の男を参議院議員にしたのであり、これは国民に対する裏切り行為でしょう
詭弁のお返しとしてアントニオ猪木に、「拉致問題が解決したら北朝鮮の人たちは不幸になるのか?」と尋ねたいところです

(関連記事)
アントニオ猪木国会でUFO質問 北朝鮮には触れず
「北朝鮮には300兆円の地下資源」と書くジャーナリスト
老いゆく「よど号ハイジャック犯」 Webサイト立ち上げ
北朝鮮ミサイル発射でも朝鮮学校無償化を叫ぶ人たち
作家島田雅彦「金正恩に小遣いやれ」発言で炎上
金正男暗殺 北朝鮮の冷酷
マツタケ輸入で朝鮮総連を強制捜査
「めぐみさんはとっくに死んでいる」発言の石井元議員を許さない
北朝鮮 叔父をも処刑する金正恩の残忍さ
拉致問題を解決したくないのか 週刊朝日
拉致被害者はすでに死亡と田原総一郎が発言
「靖国参拝で拉致被害者が落胆」と虚偽の発言 民主党議員
飯島訪朝を非難する韓国政府
戦争宣言の北朝鮮 挑発したけど成果なし
「靖国参拝で中国・韓国・北朝鮮を怒らせるな」とする主張
「拉致問題で日本と協議するな」金正日の遺言
「北朝鮮はアメリカも敵わない金融強国」と書く元外交官
ミサイル発射で恫喝する北朝鮮は戦略もない?
朝鮮学校への補助金 各自治体が見送り決定
「北工作員、拉致問題解決で民主政権に接触」との報道
元専属料理人が講演「正恩氏、拉致解決に前向き」
菅首相の北朝鮮電撃訪問作戦
北朝鮮訪問を企てる落ち目政治家
ウーマンラッシュアワー村本を「最強反戦芸人」と書くメディア
参議院候補SPEED今井絵理子の恋人は逮捕歴有り