「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫

評論家の岡田斗司夫が宮崎駿引退について語りまくっている動画がYouTubeにアップされています
いつものように言いたい放題であり、その言動に嫌悪感を覚える方も少なくないとは思いますが、毒にも薬にもならない芸能メディアの「宮崎駿引退報道」よりは面白いので紹介します
YouTubeの動画は早々に削除される可能性もありますので、興味のある方は早めに視聴願います

【岡田斗司夫】 宮崎駿の引退について① なぜ辞めるのか
(動画が削除されました)

業界トークの延長かもしれませんが、なかなか踏み込んだ内容です
個人的には引退後の宮崎駿の活動より、庵野秀明監督による「風の谷のナウシカ」の方に興味が湧きます
ジブリファンの中には宮崎吾朗が後継者となり、宮崎駿の路線を守りつつこれまでのようなジブリ作品を送り出すのを期待される向きもあるのでしょう
しかし、その可能性は限りなく低いのではないでしょうか?
宮崎吾朗が父親である駿の作風を真似ることは可能ですが、それではいつまで経っても父親を超えることはできません
宮崎吾朗がアニメーション監督として独自の地位を築きたいのであれば、従来のジブリ作品を異なる路線へと踏み出す必要があります
そうした変化を世の中が受け入れるとは思えません
高畑勲監督の「かぐや姫」が制作中であり、宮崎吾朗も別の作品を手がけているとの情報もあります(詳細は不明ですが)
宮崎駿が長編から引退した後、スタジオジブリがどこへ向かうのか気になるところです

(関連記事)
宮崎アニメを批判する福岡教育連盟
https://05448081.at.webry.info/202004/article_16.html
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
宮崎駿をアジア主義と決めつける誤り
https://05448081.at.webry.info/202002/article_23.html
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
https://05448081.at.webry.info/202002/article_13.html
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
ナウシカのメーヴェを飛ばした日本人 海外の反応
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
宮崎駿の後継者を論じる中国メディア
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿監督 引退会見ライブ
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」は7月16日公開
「紅の豚」 18年目にしてイタリアで初上映
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
「アリエッティ」韓国で公開 「ジブリのアニメ製作に学べ」
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「ナウシカ解読」
映画「耳をすませば」


岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る②~本当は残酷で恐ろしくて美しい「風立ちぬ」~ 電子版
株式会社ロケット
2013-09-05
岡田斗司夫 FREEex

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 岡田斗司夫の「風立ちぬ」を語る②~本当は残酷で恐ろしくて美しい「風立ちぬ」~ 電子版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル