韓国の元祖天才少年 その後

金雄鎔(キム・ウンヨン)はその昔、日本のテレビ番組「万国びっくりショー」に出演した天才少年です
当時、IQ210と称された金雄鎔は4歳にして大学の聴講生となって物理学を学び、その後アメリカへ渡りました
しかし、その後は久しく名前を聞くこともなかったのですが、韓国メディアがしばしば天才少年、天才少女を話題にする記事を発信するため、「そう言えば昔、テレビに出ていた天才少年がいたな。名前はなんだっけ?」と頭をかすめたりしました
幼児英才教育を賞賛し、こどもの可能性を過大視する人も多いのですが、それもまた大人のエゴでしょう
年齢相応の生活をし、同世代のこどもと遊んだりスポーツをしたり、語り合う経験が人生を豊かなものにするわけで、そうした経験を経ないまま大人社会の中へ放り込まれるのは気の毒です
前置きはこのくらいにして、元祖天才少年である金雄鎔のその後を紹介します

韓国天才少年の44年後

アメリカから韓国へ戻り、土木工学の専門家として仕事をしているのであれば、まずまずの人生でしょう。「失敗した天才」などと呼ぶのは失礼です
最先端の物理学はスーパーカミオカンデのような多くの研究者が関わる巨大なプロジェクトと化しています。1人の天才が研究室に籠もって…という時代ではないのであり、協調性や社会性に欠けると天才と言えども居場所を失ってしまいます
以前、「ケンブリッジ大学に14歳の少年が入学した」との記事を取り上げました
237年ぶりの快挙と記事には書かれていますので、237年前にはそれだけ若くしてケンブリッジ大学に入学した先例があるわけです
調べてみると、この人物は後にイギリスの首相を務めたウィリアム・ピットでした(首相になったのは24歳)
フランス革命、ナポレオン戦争といった激動の時代に首相を務めた人物はまぎれもなく天才でしょう

(関連記事)
韓国が持ち上げる天才児 12歳でコーネル大進学
天才少女の行方 虚言症だった可能性
「天才数学少女」 大学合格証偽造の異常行動
韓国「天才数学少女」の嘘がバレて大騒ぎ
フィールズ賞を期待される韓国の天才少年
15歳で博士号 韓国の天才少年はその後
韓国の天才少年 博士論文盗作バレてる
博士論文盗作がバレた韓国天才少年 その背景
韓国の天才少年 またも論文盗作がバレる
天才少年少女の憂鬱 14歳でケンブリッジ入学
また出た 韓国の天才少年IQ177
ノーベル賞学者の息子は天才ハッカー 下村努
天才美少女歌手の末路 シャルロット・チャーチ
脳科学ブームへの批判
美少年天才シェフ ロスのレストラン
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
同性愛数学者に恩赦 英女王
中国は日本より「数学強国」だったという記事


韓国天才少年の数奇な半生―キムウンヨンのその後
共栄書房
大橋 義輝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国天才少年の数奇な半生―キムウンヨンのその後 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル