フランス議会「美少女コンテスト禁止法案」可決へ

日本ではミドルティーンやハイティーンを対象にした女性ファッション誌のコンテンストが花盛りです。しかし、フランスでは16歳以下の少女を対象にしたミス・コンテストを禁止する法案が議会上院を通過した、と報道されています
違反者には2年の禁錮刑を課すという罰則付きの法案です

(引用元の記事が削除されました)

フランス国内でも賛否はあるのでしょうが、これも1つの見識です
美少女コンテストといえば、1996年12月に発生したジョンベネ・パトリシア・ラムジー殺害事件を思い出します
6歳のジョンベネは美少女コンテストの常連として知られ、大人顔負けの化粧をして媚を売るようなドレスをまといステージに立っていました
当時、日本のワイドショーでも連日取り上げていたのですが、捜査は難航し現在でも未解決のままです
当時の報道で驚いたのは、わずか6歳の女の子が出場する美少女コンテストがアメリカ全土で活発に開催されている事実です
アメリカならではと言えるのかもしれませんが、同時にそれは幼い少女を商品として市場に乗せるシステムが存在している証拠でもあり、背筋がぞっとしたものです
特にこの事件では6歳の少女が性的暴行を受けた上で殺害されており、少女に化粧をさせたり大人びたセクシーなドレスを着せるといったコンテストの在り方が、性犯罪者の欲望を刺激したと見れなくもありません。一種の倒錯的な嗜好です
現在でもジョンベネ・ラムジーを悼む動画がYouTubeにアップされています
化粧した彼女をカワイイと見る人もいるのでしょうが、自分には痛々しく映るばかりです

JonBenét Patricia Ramsey - The Climb



児童ポルノに厳しい規制を課すアメリカが、他方でこのように幼いこどもの容姿を商品化するのを許しているのですから矛盾を感じます
日本の芸能関係者、メディア関係者にすれば、「美を競って何が悪い」と言いたいのでしょうし、「美も才能のうち。それを評価し、ビジネスに結びつけるのが悪なのか」と反論するところでしょう

(関連記事)
美少女コンテストを巡る米仏の論議
ジョンベネ殺害事件 真犯人特定か
ジョンベネ殺害事件 家族犯行説への執着
ジョンベネ殺害事件 殺害告白はフェイクニュースか?
ミス慶応コンテスト中止 未成年飲酒問題で運営サークル解散処分
「女子高生の13%が援助交際」と主張する国連特別報告者
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
子役は大成しないというジンクス
天才美少女歌手の末路 シャルロット・チャーチ
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
ミスコン準グランプリ女子高生 飲酒がバレてブログ炎上
炎上騒動 武田信玄の末裔を名乗る女性モデル
こどもを守ることに繋がらない児童ポルノ論議
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真


グラビア美少女の時代 (集英社新書)
集英社
2013-07-17
細野 晋司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グラビア美少女の時代 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル