美少女コンテストを巡る米仏の論議

フランスの議会が16歳未満の子どもたちが参加するミスコンテストを禁止する法案を可決した、と先日取り上げました
他方で、こどものミスコンが盛んなアメリカでは「こどもを性的な商品扱いするミスコン規制すべきだ」との主張と、「政治が介入すべきではない。親の判断に委ねるべきだ」との主張に分かれているようです
CNNの配信記事を取り上げます

「子どものミスコン」に賛否両論、仏上院で禁止法案通過

「ずっと前から気になっていた。子どものミスコンは禁止するべき」とか、「幼いうちからこんなことを教え込む母親は、娘の子ども時代を台無しにしている」、「ストリッパーのような姿で踊る6歳児をおかしいと思わなくなってしまった世の中が恐ろしい」とする辛辣な意見も紹介されています
擁護派は、「子どもの性的搾取を防ぐためのガイドラインを設けたうえで、子どもにどんな活動をさせるかは親の判断に任せるべきだ」と述べていますが、これはどうなのでしょうか?
ガイドラインを設けたところで、それを順守するかどうかは主催者任せになると思われます。そして主催者側が注目を集めるため、ビジネスのため水着審査やセクシーなドレスで着飾ったステージを不可欠だと考える以上、こどもをストリッパーのように踊らせるのが目に見えます
YouTubeにはこどもを対象にしたミスコンの動画が山のように存在しています
また、おさないこどもをこうした競争に参加させることの弊害を訴えた動画もあります。ミスコン参加者の少女に発達の障害が見られるとか、摂食障害に陥る危険があると警告を発してもいます

Inside The $5bn Industry Of Child Beauty Pageants


こうしたミスコンに参加させる親は過度にのめり込んでしまう傾向があり、「娘のために」と言いながらダンスレッスンや衣装代に多額のお金を注ぎ込みます
娘のためではなく、自己満足のためであり親のエゴなのでしょうが、親たちにそんな自覚はありません
こんな状態に陥ってしまっている親がいるのに、「ミスコンへの参加は親が判断すべきだ」と丸投げしてしまうのはどうかと思ってしまいます
親はミスコン優勝から芸能界入り、ハリウッドのスターという道筋を頭の中で描いているのでしょうから、こどもの意向などお構いなしにミスコン参加を繰り返すのでしょう
こどもたちは親に逆らうわけに行かず、ミスコンに参加し続けなければなりません18歳未満のミスコンを禁止するというフランスの決定は、1つの英断だと自分は受け止めています

(関連記事)
フランス議会「美少女コンテスト禁止法案」可決へ
ジョンベネ殺害事件 真犯人特定か
ジョンベネ殺害事件 家族犯行説への執着
ジョンベネ殺害事件 殺害告白はフェイクニュースか?
ミス慶応コンテスト中止 未成年飲酒問題で運営サークル解散処分
「女子高生の13%が援助交際」と主張する国連特別報告者
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
子役は大成しないというジンクス
天才美少女歌手の末路 シャルロット・チャーチ
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
ミスコン準グランプリ女子高生 飲酒がバレてブログ炎上
炎上騒動 武田信玄の末裔を名乗る女性モデル
こどもを守ることに繋がらない児童ポルノ論議
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真


世界一の美女の創りかた
マガジンハウス
イネス・リグロン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界一の美女の創りかた の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル