宮崎駿監督 引退会見ライブ

宮崎駿監督の引退会見を産経新聞が記事にしています。動画で見る方法もあるのでしょうが、文章化されたやりとりを読むのも一つの方法です
が、ここは生の受け答えを取り上げます


韓国メディアの質問)韓国のファンに一言。また、ゼロ戦をめぐり、韓国で話題になっていることについての考えは
宮崎「映画を見ていただければ分かると思っていますので、いろいろな言葉に邪魔されないで、映画を見ていただけたらいいなと思います。いろんな国の方々が作品を見てくださっているのはありがたい。同時に『風立ちぬ』は、日本の軍国主義が破滅に向かっていく過程を舞台にしている。それについてのいろんな疑問は、家族からもスタッフからも出た。それに応える形で作品を作った。ぜひお金を払って映画を見てほしい」

「風立ちぬ」への批判を強めている韓国ですから、韓国メディアは宮崎駿から何らかの釈明なり、言質を取ろうとしたのでしょう
しかし、宮崎駿の回答は「見れば分かる」であり、「金を払って見ろ」というものです
韓国への謝罪の弁を改めて語らせようとした記者の思惑は外れてしまい、さぞ苦い顔をしていたのではないかと想像します
当然ながら、映画を見ないまま批判を繰り返している韓国の人たちには理解できない内容であり、共感もできないと思われます
だからといって宮崎駿の側も、言葉を費やしてまで説明したり、説得する気はないのであり、後は完成した作品を見て読み取ってほしい、感じ取ってほしいと申し向けるしかありません
映画が完成し、公開されている以上、当たり前の対応です
韓国の側は、「理解できない、共感できないのは自分たちのせい」だとは思いませんので、「宮崎駿は最後に理解できない駄作を残した」と決めるけるのでしょう
今後とも韓国メディアは執拗に宮崎駿を叩き、何らかの釈明を引き出そうとするのかもしれません(歴史問題を蒸し返して騒ぎ続けるように)
宮崎駿は会見で、「文化人にはならない」と明言しています。韓国メディアは彼が「日本の歴史認識は間違っている。日本政府はけしからん」などと批判を垂れる進歩的知識人であるのを期待していたと推測できるのですが、ここでも思惑が外れてしまったわけです

(関連記事)
宮崎アニメを批判する福岡教育連盟
https://05448081.at.webry.info/202004/article_16.html
宮崎アニメをあやしく語る町山智浩
https://05448081.at.webry.info/202003/article_17.html
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る2
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
ナウシカのメーヴェを飛ばした日本人 海外の反応
スタジオジブリ解散騒動を考える
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
宮崎駿の後継者を論じる中国メディア
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
「宮崎駿引退」を語りまくる岡田斗司夫
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
宮崎駿引退と「仕事の流儀」
押井守監督「風立ちぬ」を語る
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「風立ちぬ」を語り倒そうとする岡田斗司夫の怪説
「進撃の巨人」で再び愚論を書く韓国メディア
「進撃の巨人」を論評する韓国メディア
「安倍政権で日本のエンターティメントが右傾化」と報じる朝日新聞
「風立ちぬ」を褒める岡田斗司夫
黒澤明・宮崎駿対談映像
ディズニーと宮崎アニメ ヒロインから見た文化論
ジブリの新作は「コクリコ坂から」に決定
スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」は7月16日公開
「紅の豚」 18年目にしてイタリアで初上映
ジブリの新作は「紅の豚」続編という噂で騒動に
ドキュメンタリー「ジブリ 創作のヒミツ」
「アリエッティ」韓国で公開 「ジブリのアニメ製作に学べ」
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
「火垂るの墓」を語る
映画「火垂るの墓」 海外での反応
映画「火垂るの墓」を極右映画だとして上映中止にした韓国
「ナウシカ解読」
映画「耳をすませば」
ももクロの歴史認識と戦争対談


BRUTUS特別編集 スタジオジブリ (マガジンハウスムック)
マガジンハウス
2011-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BRUTUS特別編集 スタジオジブリ (マガジンハウスムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル