三鷹女子高生殺害を考える3 ストーカー男の余罪

東京三鷹市の女子高生が元交際相手の池永チャールストーマス容疑者に殺害された事件について、3度目の言及になります
21歳になる男性が定職にも就かず何をして生活していたのか、が気になるところです。実家の京都を離れ、大阪で暮らしていたとの報道もありましたが、生活費はどうやって工面していたのでしょうか?
東スポは池永容疑者が複数の女性と関係をもち、裸の写真やセックス動画をネタに脅していたとする記事を掲載しています

女子高生タレント殺害 “ストーカー鬼畜男”の凶悪余罪

東スポの記事なのでどこまでが事実であるかは不明ながらも、池永容疑者の日常が垣間見える感がします
こうなってくると池永容疑者が純粋に被害者である鈴木沙彩さんを愛し、未練を断ち切れなかったとの見方は怪しくなってきます
女優を目指していた彼女と交際し、写真や動画を手にしていた池永容疑者にとって鈴木さんはカモであり、脅して金を引き出そうとしていた可能性もあります
若いタレントにとってこの手の写真は致命傷になるのですから
したがってこの事件を「単なる男女交際のもつれ」と決めつけたり、ストーカー行為がエスカレートした結果だと決めつけるのは、事件の意味を読み違える危険があります
池永容疑者は就労して生活を立てようとは考えておらず、複数の女性を脅したり手玉に取って金を搾り取るヒモのような暮らしを目指していたと思われます
警察がどこまで捜査するのか、池永容疑者に脅されていた他の女性が被害届を提出するのかは分かりませんが、池永容疑者を単なるストーカー野郎と決めてかかるのは間違いでしょう

(関連記事)
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
三鷹女子高生殺害を考える4 凶行前の行動
三鷹女子高生殺害を考える5 裸体写真をアップした理由
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える7 東京高裁で差し戻し
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
同性愛者ストーカー殺人を考える
大学職員がストーカー、同僚を殺害して逮捕
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果
長崎ストーカー殺人で千葉県警本部長ら処分へ
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
石巻3人殺傷事件を考える1 事件の状況など
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
石巻3人死傷事件を考える3 復縁に揺れる
石巻3人死傷事件を考える4 犯人のプロフィール
石巻3人死傷事件を考える5 被害相談
石巻3人殺傷事件を考える6 死刑判決
石巻3人殺傷事件を考える7 死刑判決批判の愚
ストーカー殺人 被害者を批判するテリー伊藤
群馬ストーカー殺人を考える1 警察の対応
群馬ストーカー殺人を考える2 警察の失態
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 身近なアイドルという罠
小金井アイドル刺傷事件を考える 誰がストーカーと判断するのか
小金井アイドル刺傷事件を考える SNS書き込みは規制対象外
小金井アイドル刺傷事件を考える 容疑者は鑑定留置