ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛

今年のノーベル文学賞はカナダの女性作家アリス・マンローに贈られました詩人高銀の受賞を期待したいた韓国はさぞ落胆したものと思われます
ところが一転、朝鮮日報は短編小説の名手アリス・マンローにかこつけ、短編小説こそ文学の醍醐味であるかのように礼賛する記事を書いています
もちろん今年のノーベル文学賞が長編小説を得意とする作家が受賞したのなら、朝鮮日報は「長編小説こそ文学の精華である」と書いたに違いありません
このように権威、現実に媚びる態度こそ、韓国人らしい思考の現れだと感じましたので紹介します
朝鮮日報日本語版は一定期間を経過後は会員登録した者以外閲覧できなくなるため、全文を引用します


【萬物相】短編小説とノーベル賞
フランスの短編小説を代表する作家モーパッサンはもともと文部省の下級官吏だった。モーパッサンは公務員生活の合間に短編小説を書き、1880年に社会の偽善を告発した短編『脂肪の塊』を発表した。普仏戦争のころ、フランスの売春婦が同国人の脱出を手助けしようと敵軍の将校に体を許したが、そのために周囲から後ろ指を指されたという物語だ。人気作家となったモーパッサンは公務員を辞め、十数年間で短編を300作品近く執筆した。
ロシアの作家チェーホフは1879年にモスクワ大学医学部に入学した後、創作活動を始めた。チェーホフは学費を稼ぎながら家族を養うため7年間にわたりペンネームで短編、特にユーモア短編を中心に約500作品発表した。チェーホフは1886年から本名を使い始め、合計800作品以上の短編を残した。モーパッサンとチェーホフは短編小説の形式を完成させた先駆者と言われている。
短編は生活の断面をとらえ、予想外の反転で終わる叙事形式で、ユーモアや風刺、皮肉が重要となる。
オー・ヘンリーは銀行に勤めていたが、1896年に銀行の金を横領したとして3年間服役した。オー・ヘンリーは刑務所での体験を基に小説を書き始め、短編『最後の一葉』で人気作家になった。2年間に短編約100作品を書くほどの筆力を発揮、作家生活は10年にわたったが、長編は全く書かずに短編だけで300作品あまりを残した。
現代小説で長編が主流になると、短編は純文学の象徴になった。
ヘミングウェイも短編『老人と海』でノーベル文学賞を手にした。20世紀文学の天才作家ボルヘスは「30分以上も読まなければならない小説なんて、どうして書くんだ」と言ったそうで、短編集を5冊しか出していない。今年のノーベル文学賞を受賞したカナダの作家アリス・マンローも短編小説の名手と呼ばれてきた。長編は1冊だけだが、短編集は16冊も出している。マンローはノーベル文学賞受賞者に決まった後「短編そのものが重要な芸術として認められるきっかけになってほしい」と語った。
韓国の小説で短編と言えば、200字詰め原稿用紙150枚前後、長編は800枚を上回る分量となる。2000年代以降は長編作品が大幅に増えた。日本の長編作品に対抗しようという若い作家たちが400-500枚程度の「軽長編」を次々と出す傾向にある。だが、そのほとんどは「多様な世界観の衝突」を描くべき長編の完成度に達していない。「作家の長いご託や愚痴の羅列に終わったり、現実の上っ面をなめているだけ」という批判もある。
若い作家であればあるほど、ストーリーを長くすることよりも先に短くしたりほのめかしたりという短編作品の美学を磨くべきだろう。晴れ渡った秋空の下、今年のノーベル文学賞作品を読みながら、短編小説の味わいを存分に楽しみたい。


長文のコラムですが、寝言のような内容です
歴代のノーベル文学賞受賞者の中から短編小説の書き手を選んで紹介し、韓国の若手作家も短編で腕磨けと主張しています
要するに短編小説でノーベル文学賞が獲れるのだから、韓国の作家は短編を書くべきだと言いたいのでしょう
それは単なる結果に迎合し、あやかろうとする浅はかな考えでしかないのです
が、コラムを書いている記者にはその自覚が欠如しています
短編であろうと、長編であろうと、優れた書き手にかかれば面白い作品になるわけで
もし村上春樹がノーベル文学賞を受賞していたなら、「韓国の若手作家はハルキのような長編を書きべきだ」と、気色悪いほど礼賛したのでしょう

(関連記事)
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
ノーベル文学賞はカズオ・イシグロ 韓国の反応
今年(2015)もノーベル文学賞を諦めない韓国
韓国人作家が三島由紀夫の「憂国」を丸パクリ
「K-POPの次はK文学ブームを」と書く韓国メディア
日本のノーベル賞受賞を妬む韓国の反応
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
ノーベル文学賞を熱望する韓国
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
ノーベル賞の季節 韓国の候補者は?
2015年ノーベル賞の候補となる日本人研究者
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国
2010年ノーベル賞の発表は10月4日から
ノーベル化学賞、鈴木北大名誉教授と根岸米大教授
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
北里大「バナナの皮がすべる理由」でイグノーベル賞
「建築界のノーベル賞強国日本」と羨む韓国
稚拙な反日政策を自省する韓国メディア
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?


小説のように (新潮クレスト・ブックス)
新潮社
アリス マンロー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小説のように (新潮クレスト・ブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル