NHK動画をパクって竹島領有権を宣伝する韓国

日本固有の領土である竹島を不法占拠している韓国が、その領有権を主張する宣伝映像を政府機関のホームページに公開しています
しかし、その宣伝映像の中でNHKの大河ドラマ「坂の上の雲」の一部が無断で使用していると発覚し、韓国政府は大恥をかいた格好になっています

(引用元の記事が削除されました)

韓国側の発表ではおよそ10秒ほど、NHKのドラマの映像を使用しているとの話です。もちろん責任は宣伝映像の制作を請け負った企業にあるわけですが、「恥をかいた」と騒ぎ立てる前に、著作権の無断使用を謝罪するのが先でしょう
韓国を代表する新聞の1つ、中央日報は以下のように書いています


(前略)
問題の10秒の画面はディテールとして片付けるには悪魔性がとても強い。よりによって韓日が独島をめぐり全世界を相手に動画広報戦を始めたタイミングだ。盗作波紋が韓国側の主張の信頼度に傷をつけないとだれが断言できるか。官僚らもそうだが多くの専門家らは何をしていたのかわからない。著作権後進国ならばわからないが、韓国は米通商代表部(USTR)からすでに5年連続で知識財産権監視リストから除外されている国だ。
文化体育観光部所属の特別司法警察が目を見開いて回りながら著作権侵害の有無を監視する社会だ。ところが政府が乗り出し、それも日本のものをコピーする?
そうしたことを最初から知らなかったり、そのままやり過ごしていた時期があることはあった。私は幼い時期『鉄腕アトム』や『鉄人28号』のような漫画が日本のものとは知らずに見た。『マジンガーZ』も同様だ。『妖怪人間ベム』『タイガーマスク』が日本産のストーリーということを後になって知った。日本の漫画やアニメを最初から日本製と知って見たのは多分『ドラゴンボール』『スラムダンク』『セーラームーン』など1980年代以降の作品だろう。2003年に初めて放映された『ポロンポロンポロロ』が世界110カ国に輸出され、韓国のドラマや映画が日本で歓迎される時代になりコピーも終わったと思ったが、これはどういう既視感なのか。
司馬遼太郎の原作小説をドラマ化した『坂の上の雲』は日露戦争当時に世界最強のコサック騎兵部隊を撃破した秋山好古とロシアのバルチック艦隊を打ち破った連合艦隊の名参謀秋山真之兄弟が主人公だ。ドラマ序盤に兄弟が最も尊敬する人物として福沢諭吉が言及される。
日本の開花期の思想家の福沢は演説(speech)、討論(debate)など西洋の用語を日本語に翻訳した人物としても有名だ。アイロニカルにも英語「copyright」を「版権」と翻訳した人も福沢諭吉だった。私たちは日本から「版権」を持ち込み、さらに「著作権」用語も輸入した。だからこのありさまになったという話だろうか。考えるほどにもどかしい。
ノ・ジェヒョン論説委員・文化専門記者


わざわざ福沢諭吉にまで言及していますが、知識を羅列して己の教養をアピールしている風に映るだけです
「著作権を踏みにじるような宣伝工作は無効であるどころか、逆効果だ」と素直に指摘すればよいものを、無駄に長文の教養自慢を披露するところに屈折した心情が反映されているのでしょう
大統領が直接この件で謝罪を表明するか、外交部の幹部が引責辞任するか、そうした政府の対応がない限り、この件は収まりがつかないのかもしれません

(関連記事)
教科書検定を批判する東京新聞の社説
韓国人歌手 羽田で入国拒否され激怒
竹島での観光施設建設を取りやめた韓国政府
島根地裁 韓国人の竹島訴訟を門前払い
教科書に竹島、尖閣を「領土」と明記
日本の制韓論を警戒する韓国
「竹島の日」に韓国が抗議
韓国大統領「竹島訪問日本が右傾化したから」発言
「竹島の日」見送りは誤ったメッセージの発信
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
韓国メディア 「天皇を処罰しなかったのが間違い」
韓国学者の無駄な「天皇制批判」
週刊朝日「日本の領土主張こそが問題だ」と日本を批判
竹島問題 韓国メディアの稚拙な主張
韓国大統領の竹島訪問 日本はあらゆる対抗措置を
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
「日本海」の呼称に猛反発する韓国の異常さ
漫画100本で従軍慰安婦捏造へ反論
「日本の鎖国主義を罰せよ」と書く韓国メディア


坂の上の雲 第3部 DVD-BOX
ポニーキャニオン
2012-03-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 坂の上の雲 第3部 DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル