「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その1

「少年ジャンプ』掲載の人気漫画「黒子のバスケ」を巡る脅迫事件で、産経新聞が犯人像を推測する記事を掲載しています
メディアにしばしば登場する臨床心理士の長谷川博一氏と、関西国際大桐生正幸教授に犯人像をプロファイリングしてもらい、犯人像を浮き上がらせようとする試みです
ますは記事の方を一読願います


臨床心理士の長谷川博一氏が昨年12月26日付の本紙記事で、犯行動機を「好きな漫画を『黒子のバスケ』がまねしたと勝手に思い込み、逆恨みをした可能性がある」と分析したのに、脅迫文ではこう反論する。
これに対し、長谷川氏は「図星だからこそ感情的に否定した」と指摘する。脅迫文の末尾では「黒子を殺すことに決めた」と108回も反復しており、「恨んでいるのは、作者ではなく漫画そのもの。黒子のバスケの人気で、犯人の好きな漫画が陰に隠れたことが許せない」とみる。
差出人は「怪人801面相」と「喪服の死神」を使い分け、消印は10月15日が埼玉、同24日に届いたものが兵庫だったが、長谷川氏は
「複数犯という印象を与えようとしているだけ」との見方を示す。
怪人801面相はグリコ・森永事件の「かい人21面相」を連想させ、関西弁という共通点もあるが、長谷川氏は「本来なら『やから』を使うべきところで、標準語の『だから』という接続詞が使われており、実際は関西圏の人間ではない可能性がある」とする。
一方、関西国際大の桐生正幸教授(犯罪心理学)は怪人801面相の文面を「前・後半の二重構造。全体的には精神的なもろさを感じる」と分析する。
「毒入りウエハスを送った」などの直接的な脅迫表現が多い前半は「自分の存在を認めてもらいたい心理の表れ」と指摘。人気漫画や大企業を狙うのも、「自分への引け目と社会への怒り。深刻なけがを負わせたくないが、困らせたいという愛憎が入り交じるストーカー的な心境」という。
後半には、「やり直せるならマンガ家になりたい」などと自身の境遇を嘆くような表現が目立ち、「これが本心。弱みをさらけ出すという意味で女々しい印象がある」と受け止める。
また、喪服の死神は群馬出身、怪人801面相は東京・多摩地域に居住。農薬を埼玉、ガソリンを千葉で入手したなどという「ヒント」らしき地名も並ぶ。だが、桐生教授は「警察や報道関係者が無意味な場所に行くのを期待し、それを見て満足感を得ようとしているのでは」と強調する。
年代は、長谷川氏、桐生教授とも「30代ぐらい」。長谷川氏は好きな漫画の分析から、30代後半という見方。脅迫文を郵送する手口も「ある程度、年配の可能性が高い」。桐生教授は、脅迫文の中で自らを女子高生に対して「おっさん」と称した表現に着目し、作者の藤巻忠俊さんと同じ30代前半とみている。


性別は男性と見て間違いないでしょう。女性が男性口調で脅迫状を書く例がないとは言い切れませんが、犯人の行動や心情からすれば男性が何らかの嫉妬に駆られ、漫画の人気に水を差してやろうと企図した事件と推測できます
年齢は「グリコ森永事件」を真似ている手口から、30歳代後半から40歳くらいまでを視野に置いて考えるべきではないか、と自分は思います
この点については別のメディアの記事が取り上げていますので、別途言及するつもりです
さて、脅迫状をせっせと書いて送りつける行動を考慮すると、犯人は単独犯であり、独身者でしょう。妻帯者でこどもがいたらこんなリスクの高い真似はできませんし、家族にバレてしまいます
ちなみに郵便物は集荷した郵便局が区分機にかける際、封筒に見えないインクでバーコードを印字します。切手の消印以外にも情報が込められているわけで、おそらくどこの郵便局管内で投函された郵便物であるか、警察は把握していると思われます
犯人が首都圏かその近郊に済む人物、といった判断は下されているのでしょう
脅迫状に「やり直せるならマンガ家になりたい」と書いているところから判断するならば、かつてはマンガ家やマンガの原作者を目指して挫折した人物と想定されますが、そうした設定も含めて犯人の演出の可能性もあります
ただ、「グリコ森永事件」のように企業を恐喝して利益を得ようとする営利目的の犯行ではなく、「黒子のバスケ」に関連した企業、ファン層への嫌がらせを狙った犯行ですから、マンガに対して何らかの強い思い入れを抱いているのは確かでしょう
犯行は犯人の欲望の反映ですから、犯人が何らかの成果を手にして満足するまで繰り返されると予想されます
犯人が無職で無収入なら経済的困窮によって犯行継続を断念する場合もあるわけですが、就労していて一定の収入があるなら今後も脅迫状を書いては送りつける犯行を繰り返すのでしょう
犯人を逮捕するか、何らかの方法で犯人を説得し犯行を断念させないと、この先も脅迫状に振り回される事態が続きます
犯人は余裕をかましていますが単独犯であり、友人もほとんどいない孤独な人物だと判断できます
警視庁がツイッターで犯人に呼びかけ、対話を試みていかがでしょうか?

(関連記事)
「黒子のバスケ」脅迫事件その後2 同性愛指向
https://05448081.at.webry.info/202002/article_10.html
「黒子のバスケ」脅迫事件その後
「秋葉原事件」加藤智大が「黒バス脅迫事件」を語る
「黒子のバスケ」脅迫事件 被告の手記がうざい
「黒子のバスケ」脅迫犯 犯行の背景
「黒子のバスケ」脅迫事件 「負けました」を考える
「黒子のバスケ」脅迫男を逮捕
「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その2
「SLAM DUNK」の劇場版アニメ化
https://05448081.at.webry.info/202101/article_16.html
ライトノベル作家を脅迫した男を逮捕
「火炎瓶を投げつける」と女性教諭を脅した男逮捕
同級生宅へ次々と放火した高校生逮捕
三角関係でストーカーと化した女教師
裸の写真で女子高生を脅した教師逮捕
なりすましウィルス事件 容疑者のいじめられた体験
作家柳美里の息子 消防や海上保安庁にイタ電
「涼宮ハルヒの驚愕」を読んで
劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て
【公式】 涼宮ハルヒの消失 予告
「涼宮ハルヒの消失」映画化
アニメーション監督山本寛のブログを読む
作家川上未映子がネットの中傷に賠償求め提訴


黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)
集英社
2013-10-04
藤巻 忠俊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル