「安重根は犯罪者」発言にブチ切れる韓国政府

韓国政府は初代朝鮮総督であった伊藤博文が暗殺された中国・ハルビン駅に、暗殺犯であった安重根を顕彰する石碑を建立する計画をしています。これについて日本の菅義偉官房長官が、「安重根は犯罪者だと韓国政府に伝えている」と不快感を表明したのですが、韓国政府は怒りの反論をしています

「安重根は犯罪者」に韓国外相反発、官房副長官は「死刑判決受けた人物」と反論

韓国政府がことあるごとに安重根を「愛国者」や、「国士」と持ち上げて日本を牽制する材料として利用してきたのは周知の事実です
伊藤博文を暗殺したというその1点が、日本に大打撃を与えた人物=反日の英雄とイメージされるからなのでしょう
つまり韓国は安重根をガンジーのような独立運動の闘士に祀り上げ、崇拝の対象に位置づけたいわけです
つまり安重根を持ち出せば日本は過去の植民地支配を恥じなければならず、韓国に対して頭が上がらなくなるはずだと勝手に思い込み、そうであるべきだと強弁している状態です
ですが、伊藤博文暗殺がさほどまでに重要な意味を持っているのか、考えるべきです。確かに明治の元勲であり、多大な功績を残した政治家ですが、これを暗殺した安重根の所業は卑劣な犯罪者と何らかわりはなく、義挙と賛美する韓国政府の感覚を疑います
日本が安重根を犯罪者として処断したのは正当であり、何ら落ち度はありませんし、菅官房長官の発言も問題視されるべき類のものではなく事実を述べたまでです
歴史認識の違いなどというレベルではなく、チンピラやテロリストを犯罪者と呼ぶのを「誤りだ」と批判する方がどうかしています
今後、韓国政府は日本を批判するために世界各地に従軍慰安婦像と安重根彰碑を建てて回るのかもしれません

(関連記事)
伊藤博文暗殺犯安重根を英雄に祀り上げる韓国
伊藤博文暗殺犯である安重根を聖人にしようとする韓国
韓国政府が安重根死刑囚の情報提供を日本に要求
日本の新紙幣 渋沢日栄一を猛批判する韓国
安部首相暗殺小説を堂々と出版する韓国
「安部首相の靖国参拝は重大ミス」と書くウォール・ストリート紙
「原発事故で日本総理は韓国移住決意」という韓国のトンデモ小説
「日本海」の呼称に猛反発する韓国の異常さ
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
大物詐欺師許永中が仮釈放されていた
韓国新大統領「被害者と加害者」を強調 反日路線継承
「東京オリンピック開催阻止」を叫ぶ韓国メディア
朝鮮日報「日本は戦争被害国に国土を割譲し毎年謝罪せよ」
「原爆投下は神の懲罰」と書く韓国メディア
日本の制韓論を警戒する韓国
「日本の鎖国主義を罰せよ」と書く韓国メディア
「嫌韓は日本人の自信喪失」と主張する京都大教授
米大使襲撃犯に懲役17年求刑 韓国検察


伊藤博文―知の政治家 (中公新書)
中央公論新社
瀧井 一博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 伊藤博文―知の政治家 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル