日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア

作家百田尚樹の小説を映画化した「永遠の0」が公開され、話題になっています
こうした日本の現状を韓国の新聞が「ゼロ戦に対する日本人たちの郷愁が反映された結果」と決めつけ、トンチンカンな記事を掲載していますので紹介します
「現状すら正確に読み取れない国に歴史を語る資格はない」と言いたくなるほど稚拙な内容で、突っ込みどころだらけです
ハンギョレ新聞の記事は韓国語なので、いつものように掲示板「2ちゃんねる」に貼られた日本語訳を引用します


日本で太平洋戦争時期、海軍の主力艦載機として活躍した‘ゼロ戦’熱風が吹いている。
尖閣諸島(中国名 釣魚島)を巡る中-日葛藤が激化するにつれ、去る戦争で‘百人力’の活躍をしたゼロ戦に対する日本人たちの郷愁が反映された結果と見える。
ゼロ戦を操縦した神風特攻隊員を主人公にした映画<永遠のゼロ>が21日に封切りされる。封切りを翌日に控えた20日<日本経済新聞>がこの映画の原作者である小説家 百田尚樹のインタビューを載せ、<産経新聞>もこの映画の主人公役を演じた俳優 岡田准一(33)が実際にゼロ戦隊員だった柳井和臣(91)とともに鹿児島鹿屋の旧海軍飛行場を訪れる現場を紹介した。
映画の原作小説は390万部が売れたベストセラーだ。
<NHK>放送も18~19日、太平洋戦争とゼロ戦に対する特集ドキュメンタリーを放映した。
これに先立って、去る7月には日本の著名なアニメーション監督 宮崎駿がゼロ戦の設計者である堀越二郎を主人公にしたアニメーション(写真)を発表して、熱い賛賛否両論が起こった。
ゼロ戦関連展示館と各種書籍やプラモデルの販売も例年より増えるなど、ゼロ戦熱風が広がる傾向だ。
日本の専門家たちは、ゼロ戦に対する関心の背景に英雄を待ち望む心理が投影されていると指摘した。ゼロ戦専門家である柳田邦男(77)は15日<産経新聞>とのインタビューで「日本の国際競争力が後退していて、多くの人が‘日本も捨てたもんじゃない’という何かを要求する心理が強い」と指摘した。
ゼロ戦は飛行距離と速度を極端に引き上げるために、薄い鋼板を使うなど操縦士の生命と安全を軽視した機体だったという点などを挙げて、盲目的な郷愁は危険だという意見も多い。
一方、日本外務省は米国人1000人を相手に7~8月に行った‘日本に関する世論調査’結果を19日発表した。これを見れば、有事の際に米国が日本を防御するという内容を骨格とした米・日安保条約を維持しなければならないという人々が67%で、前年より22%下落した。
アジアで最も重要なパートナーは?との質問では、中国(39%)が日本(35%)を上回った。これは尖閣諸島を巡る中-日葛藤が深刻化するや、これに巻き込まれたくない米国人の心理が作動した結果と解釈されると<朝日新聞>が指摘した。
東京/キル・ユンヒョン特派員 charisma@hani.co.kr


前段部分だけでも吹き出してしまいそうな記述が続きます
果たして日本人の郷愁とやらが零戦ブームを引き起こしたのでしょうか?
記事の後段に、米国人に実施したアンケート結果が唐突に登場します。このアンケートと前段で取り上げられている零戦ブームとの間に整合性も関連もなく、何のためにわざわざ記載したのか、意味不明です
そもそも外務省が実施したアンケート調査から何が読み取れるのか、まったく不可解であり、どうとでも解釈できる数字でしかありません
現状で中国はアメリカの同盟国ではありませんし、人権や自由といった根源的な価値観を共有する間柄でもありません。「アジアで重要なパートナーはどの国か」との設問をアメリカ人がどのように受け止め、回答したのかさえ怪しく思えてしまいます
さらに中国は39%で日本は35%であり、韓国はたったの7%です(以下の外務省の統計資料参照)

アメリカにとってアジアでもっとも重要なパートナーを自負する韓国にすれば、実に致命的なアンケート結果なのですが、ハンギョレ新聞の特派員はそこに気がつかなかったのでしょうか?
おそらくは朝日新聞の記事だけを見て、元の外務省の資料をチェックしていないのでしょう。これでよく特派員が務まるものだと呆れてしまいます
デスクの前に座ったまま、自分の足で取材もせず、日本の新聞報道を適当に抜き出して記事にし、本国へ送信するだけの仕事しかしていないのが分かります
当然、この特派員が映画も観ていなければ、原作小説も読んでいないのは明らかです
最低限でも映画館に足を運び、映画を見終えた観客に話を聞くなどすれば、もっとましな記事が書けたように思うのですが

(関連記事)
宮崎駿「風立ちぬ」は戦争賛美アニメか?
https://05448081.at.webry.info/202010/article_35.html
「ライトノベルはネトウヨ的傾向」との批判 「二度目の人生を異世界で」問題
韓国メディア「日本で歴史小説が売れるワケ」
宮崎駿「風立ちぬ」批判を振り返る
中国メディア 「宮﨑駿を語る8つのキーワード」
アメリカ人批評家(韓国系)が「風立ちぬ」を猛批判
日本のユネスコ世界記録遺産登録にケチをつける韓国
作家石田衣良 右傾化エンタメの売れる日本を批判
「ガールズ&パンツァー」を槍玉に挙げる中国
「風立ちぬ」を批判する韓国の大学教授
韓国メディア 「日本の右翼漫画ブーム」と批判
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
「風立ちぬ」の公開を悔しがる韓国
「風立ちぬ」への批判が続く韓国
「風立ちぬ」 宮崎駿の思想を論じる中国メディア
「宮崎駿こそ日本のジレンマと矛盾」と書く論評
「安倍政権で日本のエンターティメントが右傾化」と報じる朝日新聞
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
マルクス思想ブーム再来と書く朝日新聞
「日本の右傾化する若者」を批判する韓国メディア
韓国大統領「竹島訪問日本が右傾化したから」発言
「ネトウヨ内閣」と記事にする東京新聞
中韓メディア 「アンネの日記」損壊は日本右傾化のため
「アンネの日記」損壊は頭がオカシイ人、との説


永遠の0 (講談社文庫)
講談社
百田 尚樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 永遠の0 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル