ワタミ過労自殺 民事訴訟で経営責任を問う

居酒屋チェーン「ワタミフードサービス」の社員だった女性が過労の末に自殺に追い込まれた事件が、いよいよ民事訴訟で会社と経営陣の責任を問う展開へと進むことになりました。自殺した女性社員の両親は、創業者の渡邉美樹参院議員ら会社側に「懲罰的慰謝料」を含む約1億5300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起しています

(引用元の記事が削除されました)

ワタミ側と話し合いを継続してきたと思われますが、示談には至らなかったのでしょう。そもそも渡邉美樹元会長は労災認定にすら不満を述べていたのですから、会社側が過剰な労働を強要した事実さえ認めようとはせず示談交渉の前提すら整わなかったのかもしれません
当然、民事訴訟においても労災認定などどこ吹く風とばかりに「会社は間違っていない」との主張を押し通すと予想されます
功成り名を遂げていまや参議院議員にまで登り詰めた渡邉美樹元会長としては、自身の経営理念「24時間働け」を取り下げる気はないのでしょう
訴訟の結果、「懲罰的な慰謝料」の支払いが認められるかどうかは分かりませんが、ワタミ側に賠償を命じる可能性は濃厚です
そうなったとしても、「(遺族側が)金がほしいというなら払ってやる」と吐き捨てるだけで反省などしないと思われます
別の報道によれば、ワタミの今年度中間決算は高齢者向け食事宅配サービスなどの寄与で売上高が807億円と前年同期比6・7%の増収になったが、主力の居酒屋事業などが振るわず、営業利益は37・0%減の24億円、最終利益は55・0%減の5億円と大幅な減益になった、とあります
ブラック企業のイメージが浸透して経営が揺らぐ事態ともなれば、己の所業を省みる気になるのではないでしょうか?

(関連記事)
ワタミの「24時間働け思想」復活
https://05448081.at.webry.info/202010/article_25.html
ワタミ過労自殺問題 和解が成立
ワタミの居酒屋で店員がトイレを盗撮・逮捕
ワタミ過労自殺裁判はどうなったのか?
「ワタミ」赤字転落 ブラック企業ビジネスの限界
ワタミ自殺裁判 ワタミ社員が傍聴席占拠
「ワタミ過労死」で発言する渡邉美樹参院議員の裏表
ワタミ過労死事件 「責任はないけど金は払う」態度
ワタミ会長のブラックな教育
ワタミ渡辺会長 遺族に「1億円ほしいのか」と言い放つ
ワタミ会長 ブラック企業呼ばわりに反論
居酒屋「和民」 労働時間管理はでたらめと発覚
ワタミ会長への批判 社員自殺事件
ワタミ社員過労で自殺 会長は無責任な言い逃れ
ワタミ過労自殺 いまだ会社側は説明せず
社訓を暗唱できない者はクビ、という会社
採用内定辞退を強要 「くら寿司」のブラック度
「餃子の王将」 スパルタ研修で批判される
牛丼値下げ合戦 その報道
「すき家」でストライキ?
ブラック企業名を非公開 擁護する国の姿勢
企業研修という名の異常行動が横行
大阪の民間人校長が3カ月で辞任
ブラックバイト 「しゃぶしゃぶ温野菜」を刑事・民事で告訴
元祖ブラック企業 ウォルマート
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
電通過労自殺事件で社長が辞任


ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
文藝春秋
今野 晴貴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル