田中ヤンキ-ス入りに嫉妬する韓国メディア

何でも日本を引き合いにしないと気が済まない韓国メディアは、田中将大投手のヤンキース入団について嫉妬丸出しの報道をしているようです
サーチナ配信の記事を紹介します


田中のヤ軍入り、契約内容で日韓野球の「格差」浮き彫り
新ポスティングシステムで米大リーグ入りを目指していた楽天・田中将大が、ヤンキースと7年1億5500万ドル(約161億円)の契約で入団することが23日、決まった。多くの大リーガーを輩出している韓国でも大きな話題となっており、複数の韓国メディアは大リーグで活躍する自国選手とを比較し、「日本と韓国の野球の格差が浮き彫りになった」などと報じた。
今回の契約は、投手では史上5番目、アジア人としては史上最高の巨額契約となった。テキサス・レンジャーズと2012年に6年契約年俸総額6000万ドルで契約したダルビッシュ有投手、13年に7年1億3000万ドルで契約した秋信守(チュ・シンス)外野手を上回る。
韓国メディアは、田中投手の楽天での活躍を評価しつつも、待遇がいかに破格であるかを強調した。
特に、マイナーリーグとメジャーリーグで数年間苦労した秋信守選手よりも高い契約金だと指摘し、「韓国ファンとしてはプライドが傷つくものだ」と主張。12年に韓国ハンファからドジャーズにポスティングシステムで移籍し、6年総額3600万ドルの契約を結んだ柳賢振(リュ・ヒョンジン)投手の契約が「みすぼらしくみえるほど」とも記した。
このような「格差」が付いたことに、韓国の野球関係者は、メジャーリーグの日本野球と韓国野球に対する視線が異なるためだと指摘した。同関係者によると、同じ状況と条件で韓国のエースが大リーグに移籍を希望しても、同じ待遇を受けることは難しいとの見方を示した。
韓国メディアは、五輪やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)などで韓国野球は日本野球を何度も破り、「日本との格差がなくなった」と評価する声もあったが「現実は冷たかった」と主張。田中の大型契約から、「メジャーリーグの日本と韓国に対する視線を間接的に確認することになった」と伝えた。(編集担当:新川悠)


中身は金の話であり、実績について触れる気はまったくないというのも韓国メディアらしい扱い方です
記事の中にある秋信守はシアトル・マリナーズに在籍していたこともある外野手で、韓国メディアはイチローのライバルだと書き立てていました。しかし、秋信守はシアトル在籍中にレギュラーポジションを取れず、クリーブランド・インディアンスに移籍しています
昨シーズンの秋信守はシンシナティ・レッズに移籍し、154試合に出場し、21本塁打、打率2割8分5厘、54打点、133三振という成績です。まあ、かなり粗いバッティングをする選手なのでしょう
この成績で総額1億3000万ドルの7年契約を結んだというのですから、驚きます
伸びしろがあるようには見えないので、本塁打の数や打率が向上するようには思えず、中軸を任せられる打者とは言い難い選手になぜ大金を支払ったのか理解できません
もう1人、記事の中に名前が登場する柳賢振は韓国プロ野球の奪三振王としてドジャーズ入りした投手で、昨シーズンは14勝8敗の成績であり、先発投手としては十分に活躍したと言えます
田中投手が14勝以上の成績を挙げないと、韓国メディアは納得しないものと想像されます

(関連記事)
斎藤佑樹(ハンカチ王子)がポルシェをねだって騒動
巨人の福田聡志投手 野球賭博で永久追放か
楽天はドラフト1位松井を使い潰す
WBC予選敗退の韓国 見苦しい言い訳
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
野球U18大会 日本が韓国に10-0で圧勝
WBC準決勝で敗退 美談で終わらせるべきではない
韓国野球選手「活躍出来なかったのは日本の差別のせい」と主張
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
ダルビッシュ・紗栄子夫妻離婚
ダルビッシュ、紗栄子離婚成立
プロ野球中村紀 再び懲罰で2軍降格
日経「フィナンシャル・タイムズ」買収に対する韓国の反応


田中将大―ヒーローのすべて
北海道新聞社
黒田 伸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 田中将大―ヒーローのすべて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル