「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化

あらゆる日本文化を「韓国が起源ニダ」と主張するのが隣の国に住んでいる人たちの芸風です
これまでにも茶道、剣道などなど、日本の文化を韓国起源だと言い張る抱腹絶倒の主張を紹介してきました。今回は浮世絵画家の東洲斎写楽です
実はこの「東洲斎写楽は韓国人だったニダ」説は目新しいものではなく、過去にも取り沙汰されたものです
この珍説を執拗に唱えている韓国人がいて、映画化して儲けようとの思惑も絡んで定期的に蒸し返されるというのが真相のようです
2003年11月7日付け、朝鮮日報の記事を引用・紹介します


【朝鮮日報】金弘道の一代記『気韻生動』 制作へ
檀園・金弘道(ダンウォン、キム・ホンド)の一代記を映画化した『気韻生動』(ランチボックスピクチャーズ制作)の輪郭が見えてきた。
2005年の韓日修交40周年を記念して総制作費130億ウォンを投じて制作される『気韻生動』は、日本の天才画家、東洲斎写楽と檀園・金弘道が同一人物だったという興味深い内容を描いた映画。
96年に日本のテレビ朝日を通じて放送された『もう一人の写楽』という番組は大きな衝撃を与えた。歴史的な考証を通じて日本の天才画家写楽が檀園・金弘道かも知れないという内容を詳細に紹介した。
檀園・金弘道が朝鮮から行方が分からなくなっていた18世紀末、江戸時代末期だった日本に写楽という人物が新しい画風でその名を広めていた。
数年間にわたった日本文化についての研究と考証を通じて制作されるこの映画は、写楽がわずか10カ月間に140点に上る絵を残して姿を消した同じ時期に、檀園・金弘道が正祖(チョンジョ/第22代王)の指示で日本に潜入し、天才画家に変身したという話を映画化する。
二人の画家の画法と画風の類似点を比較し、周辺人物が残した記録などを基に、二人が同一人物であるという歴史的過程の信憑性をさらに高める。
(以下略)


1996年にテレビ朝日が、「東洲斎写楽=金弘道」説を広めるテレビ番組を制作しており、何とも罪作りな話です
この特番のネタ本は「もうひとりの写楽~海を渡ってきた朝鮮絵師」(李寧煕著)でしょう。写楽の正体は朝鮮通信使として日本に渡ってきた金弘道だと主張するにとどまらず、十返舎一九も朝鮮通信使だったと主張するトンデモ本です
しかし、日韓修好40周年記念事業として映画「気韻生動」が制作されたのかは不明であり、検索してもヒットしません
そして2008年には再び韓国人の手で映画「シャラク(仮題)」の制作をほのめかす報道がありました


3月17日から19日まで開かれる、第4回香港アジア映画投資フォーラム(HAF)で発表したプロジェクトサポートラインナップ全25作品の中に(株)スタジオ2.0の「シャラク(仮題)」が選定された。
釜山国際映画祭のPPPをベンチマーキングした香港アジア映画投資フォーラムは規模と質的な面で優秀な海外有名プロジェクトたちが大挙出品され、選定作業には特に困難が多かったことを明らかにした。
完成した映画ではない、プロジェクトを紹介するマーケットインHAFは主に中堅監督と大規模海外合作プロジェクトを主として作品を選定し、香港フィルムマーケット期間の間作品を海外に紹介及び海外ファイナンシングと合作の機会を提供しており、行事最後の日には賞金と製作に対する実物を支援してくれる。
今度のプロジェクト参加作で中国作品が6作選定され、韓国が4作、日本・台湾・香港が各3作と後に続いた。
韓国で奉俊昊、朴贊郁、林常樹など国際的な名声を得た監督たちの新作とともに新人監督朴泰春の「シャラク(仮題)」が選定されたことはひたすら非常に異例的だ。
アジアの中堅監督たちが大挙布陣した今年の日のラインナップで「シャラク(仮題)」のがっちりとしているストーリーと、韓日合作映画の可能性が特に引き立ったとHAFはその選定理由を明らかにした。
「シャラク(仮題)」は朝鮮時代の画家、金弘道の業績がはっきりしなかった1年の間に日本に渡り東洋のパブロ・ピカソだと呼ばれた日本画家”シャラク”になったという仮説を「ダヴィンチコード」式で解く大河叙事ミステリーだ。
(以下略)


まだ諦めてはいなかったようですが、この朴泰春監督の映画「シャラク(仮)」も実際に制作されたとの報道は見当たらず、実現はしなかったと思われます
日本では東洲斎写楽についての研究が進み、阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの能役者、斎藤十郎兵衛だとする説が有力となっており、韓国人説は否定されています

(関連記事)
朝鮮併合時代の植物標本 「日本から奪還すべし」と書く韓国メディア
https://05448081.at.webry.info/202006/article_5.html
「大豆と米の起源は古代朝鮮」と書く韓国教授
日本の世界文化遺産登録に反対する韓国
韓国メディア 今年も桜の起源を主張する記事
「桜の起源は韓国」を諦めないトンデモ報道
「韓国起源説」は日本の陰謀だと主張する韓国
「豆腐強国である韓国」と主張する微妙なエッセイ
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
盗難仏像「絶対に日本へ返すな」と沸騰する韓国世論
日本から盗んだ仏像返還を拒む韓国の屁理屈
ウォン高に揺れる韓国 日本への恨み節
「日本の歌舞伎の起源は韓国」と報じる朝鮮日報
「日本剣道の起源は韓国」と言い張る人たち
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「テコンドーの歴史は二千年」とウソをつく韓国
日本サッカーのシンボル「八咫烏」は高句麗起源との主張
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
日韓唐辛子論争 唐辛子の起源は韓国
今年も韓国メディアの大ウソ 「桜の起源は韓国」
韓国の衝撃 童話「金の斧」は韓国の民話でなかった
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
文化財を返還せよと叫ぶ韓国の珍妙な主張
日本美術と韓国美術
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国歴史者「日本の神々は朝鮮半島の祭神だ」と妄想
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
韓国人教授「日本神道の起源は新羅王子」と珍説表明
大コケした統一教会制作の朝鮮戦争映画「仁川(インチョン)」
「茶道の起源は韓国」とする見栄っ張りな記事
韓国が主張した「日帝呪いの鉄杭」 測量の三角点だったと認める
韓国の迷信 「日帝の呪いの杭」
韓国が「鬼滅の刃」のパクリゲーム発売


もうひとりの写楽―海を渡ってきた李朝絵師
河出書房新社
李 寧煕

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by もうひとりの写楽―海を渡ってきた李朝絵師 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル