「箱根駅伝はスポーツか?」論争

スポーツジャーナリストの玉木正之が「箱根駅伝はスポーツか?」と題するコラムを書いて、高校野球や箱根駅伝は大衆化された娯楽であってスポーツと呼ぶべきものではないと発言しています
同時にメディアがその娯楽に加担し、批評精神を忘れてしまっていると指摘した上で、スポーツジャーナリズムの不在を嘆いてもいます

箱根駅伝はスポーツか?

様々な論点があるのですが、スポーツジャーナリズムの存在については脇に置いて進めます
箱根駅伝が高校生ランナーの憧れとなり、箱根駅伝に出場したくて関東地区の大学(駅伝で実績のある大学)へ進むのをとやかく批判しても仕方のないところであり、余計なお世話でしょう
また、大学の陸上部はマラソン選手養成機関ではありませんので、学生陸上競技から優秀なマラソン選手が生まれないとしても駅伝を批判するのは筋違いです
大学で長距離走をしている選手が皆、マラソンで金メダルを獲りたいと思って練習しているわけでもなく、オリンピックのマラソン競技こそ頂点であるとの考えは捨てるべきではないかと言いたくなります
箱根駅伝を目標にし、大学卒業後は競技生活から引退する選手もいるわけで
上記の論法で行くなら、「オリンピックはスポーツか?」との疑問や、「(サッカーの)ワールドカップはスポーツか?」との疑問も提起できます
オリンピックのマラソン競技も夏場に行われ、熱中症で途中棄権する選手も出るのですから、高校野球はスポーツではなくオリンピックのマラソン競技はスポーツであるとの主張はまったくの詭弁です
箱根駅伝で活躍したもののマラソンランナーとしては大成しなかった選手がいるのは事実ですが、「だからあいつは駄目なんだよ」と決め付けるのはあまりに失礼でしょう

(関連記事)
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で起訴
箱根駅伝駒大アンカー 淫行逮捕も擁護する声
https://05448081.at.webry.info/202105/article_43.html
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202105/article_33.html
猫ひろし 五輪カンボジア代表取り消し
批判続出 猫ひろしのオリンピック参加問題
猫ひろし批判 カンボジアのメディア
猫ひろし カンボジア国籍取得で五輪出場を狙う
高校野球 熱中症球児を批判する人たち
長距離走者の孤独
新国立競技場問題 文科省が担当局長更迭
五輪問題 下村文部大臣が辞意表明


Number PLUS「箱根駅伝1920-2014 伝説の名勝負」
文藝春秋
2013-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Number PLUS「箱根駅伝1920-2014 伝説の名勝負」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル