ニセ作曲家佐村河内守の憂鬱

作曲家に扮して世間を欺いてきた佐村河内守についてメディアがさまざまに書き立てています。しかし、本人はコメントも出さず取材にも応じず、沈黙した状態が続いています
ゴーストライターを務めていたと明かした新垣隆さんの会見は以下のようになっています


佐村河内守さんの「耳が聞こえないと感じたことはない」 ゴーストライター新垣隆さんの会見全文


佐村河内守はどう釈明するのでしょうか?
嘘の上に嘘を重ね、今度は嘘の釈明会見でもやるつもりなのかと呆れてしまいます。会見場には手に包帯を巻き、杖をついて登場し、障害者のふりを続ける気なのかもしれません
そんな見世物小屋みたいな場にメディアが群がり、あれこれ批判や罵倒を投げかけるのだと思うと大変に不快な気分になります
まずはNHKがきちんとした検証番組をつくり、なぜこんなニセ作曲家を持ち上げてしまったのか、視聴者に報告すべきでしょう


現代のベートーベンは虚飾まみれ!佐村河内守とは


(関連記事)
テレビ局を訴えまくる佐村河内守
ニセ作曲家佐村河内守の謝罪会見
ニセ作曲家佐村河内を見抜けなかったNHKの言い分
ニセ作曲家佐村河内守を売り込んだNHKスペシャル(動画あり)
ニセ作曲家佐村河内の行方
ショーンKになりたかった川上伸一郎
何から何までウソだらけ 経営コンサルタント「ショーンK」
詩の盗作を繰り返した女子中学生
詩の公募入賞 2度の盗作が発覚した中学生
詩の盗作を繰り返した女子中学生 その2
詩の盗作を繰り返した女子中学生 その3
電撃文庫の新刊 盗作がバレて回収騒ぎに
文藝賞取り消し インターネットからパクる
盗作を繰り返した小説家 田口ランディ
やらせで批判の映画「ガレキとラジオ」復活上映の怪
やらせで批判されたドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」
韓国人作家が三島由紀夫の「憂国」を丸パクリ
韓国作家 三島由紀夫「憂国」の盗作認める
三島由紀夫を盗作した韓国の開き直りが酷い


交響曲第一番 闇の中の小さな光 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
佐村河内 守

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 交響曲第一番 闇の中の小さな光 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル