「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア

またいつものように日本の文化に嫉妬し、間違った結論を堂々と開陳する韓国メディアの得意技が炸裂した記事を紹介します
韓国を代表する日刊紙の1つ、中央日報の論説委員が書いたものであり、本来なら新聞社の知性や見識を示す場なのに、とんでもない内容になっています
「まあ、この程度の民族なんだ」と納得できる内容だとも言えます


私は作家だ。小説で登壇した後、毎年作品を発表してきたし、単行本も出してきた。11歳の時に初めて小説を書いて以来、40年間文学で怠ることはなかった。
もちろんペンを折った10余年があった。熱望が才能を圧倒した若い時代、才能のみすぼらしさに怒りを抑えられなかった。
振り返ってみれば、それも無謀な欲望の熱気を冷ますための習作期だったようだ。そのおかげで今は文学が私の成就のための道具ではなく、私が文学の道具になってもよいという考えに到達することができた。
しかし文学は私の生業ではない。小説だけ書いて食べていけるとも思っていない。
ハングル人口が少なく、ハングルを書く作家の市場はもともと狭い。さらに1年間に本1冊も読まない国民が30%を超え、1人あたり本の購入に2万ウォン(約2000円)も出費しないなど、本を読まないことでは世界屈指に入るため、読者もいない。こういう時代に文学で生活していくというのは考えられない。このため文壇ではK-POPやドラマのように文学韓流を願望する話が出る。
今週の月曜日、韓国小説家協会が開催した2014新鋭作家フォーラムのテーマも「韓国小説グローバル化の道」だった。この日、詩人の高銀(コ・ウン)氏がマケドニアの「ストルーガ国際詩祭」で金冠賞の受賞者に選ばれたと伝えられていた。
しかし講演をしたクォン・ヨンミン檀国大大学院教授は、「韓国小説の韓流は悲観的」と結論づけた。
最大の難関は翻訳者がいないということ。韓国文学翻訳院は毎年7、8冊を翻訳するが、問題は翻訳をしたからといって外国の読者が読むわけではないという点だ。翻案小説は誰が翻訳したのかが読者の選択基準となる。
日本初のノーベル文学賞受賞作である『雪国』も、米国の有名翻訳家が翻訳したおかげで英語圏でひとまず信頼を受けることができた。村上春樹の作品を翻訳する3人の翻訳家も米国内で信頼されている翻訳家だ。現地のスター級翻訳家が現地の読者の手に本を握らせるということだ。
しかし有名な外国人韓国文学専門家は一人もいない。クォン教授は、展示性の翻訳や翻訳料の支援より、実力ある外国人スター級翻訳家を育成するのに投資するべきだと述べた。いつになることやら…。
しかし考えてみると、ポップ文化の韓流も国内ファン層が厚くなってから可能だった。文学韓流もそうだ。韓国の読者が韓国文学を先に愛してこそ、外国人も振り向く。もちろん今は映像コンテンツ時代だ。活字コンテンツは映像の感覚に追いつけない。しかし活字コンテンツは知性と感性の拡張性では卓越している。いつか読者が感覚的な満足より精神の豊かさを追求すれば、文学はまた満開するだろう。もち
ろん今の傾向を見ると、実力ある外国人翻訳家を育てるより、韓国読者が文学に振り向くのを待つほうがはるかに遠いと思われるが…。
ヤン・ソンヒ論説委員
中央日報日本語版 【噴水台】韓国文学にはなぜ村上春樹がいないのか? スター翻訳家不在のため?


「韓国文学の質、内容が海外から高い評価を獲得する水準にあるのか」という疑問は無視し、「いかに売り込んで成功するか」に目が向いています
韓国の小説を英語に翻訳すれば売れるはず、との前提がそもそも間違いでしょう
村上春樹の作品を翻訳した翻訳者の腕がよいから売れたのだ、との見解にもあきれてしまいます
韓国人が年に1冊の小説も読まない土人同然の文化水準にあるのですから、韓国文学の水準も推して知るべしです
それでもK-POPや韓国ドラマのように韓国文学も売り方次第ではヒットするはず、との願望を捨てられないでいる姿が憐れに映ります
日本の文学の水準は海外にいる有名な翻訳家が支えているのではなく(もちろん、その功績は大であり、賞賛すべきです)、日本に住む無名の読者層が支えているのです
優れた読者がいるからこそ優れた作家が生まれるわけであり、単なるマーケティングの手法によって村上春樹のようなスター作家が生まれたと決めつけるのはあまりに浅はかでしょう

(関連記事)
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
https://05448081.at.webry.info/202005/article_9.html
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2
中国は村上春樹をどう読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか2
ノーベル文学賞はカズオ・イシグロ 韓国の反応
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「K-POPの次はK文学ブームを」と書く韓国メディア
村上春樹と東アジア 毎日新聞より
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
村上春樹作品の映画化
村上春樹論2
村上春樹論
映画「ドリーミング村上春樹」
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
村上春樹の新作 予約が45万部突破
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
韓国書店を日本の小説が占拠


韓国の近現代文学 (韓国の学術と文化)
法政大学出版局

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国の近現代文学 (韓国の学術と文化) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル