「韓国アニメが北米で大ヒットニダよ」 

中央日報日本語版が、「北米で10日間4000万ドル収入…韓国アニメ『ナット・ジョブ』の力」と題する記事を掲載しています
「韓国制作の劇場版アニメ-ションが北米で大ヒットしているニダ」と自慢する内容です
その一部を引用・紹介します


韓国・カナダの制作会社が手を組んで制作したアニメ映画『ナット・ジョブ』(原題The Nut Job、ピーター・レペニオティス監督)が米国で好調だ。『ナット・ジョブ』は17日、北米全域3400カ所の劇場で公開され、2週連続で週末興行順位3位となり、26日(現地時間基準)まで4027万ドルの興行収入を記録した。2007年の韓国映画『D-WAR』(劇場2275カ所、収入1095万ドル)を大きく上回った。
『ナット・ジョブ』はナッツストアを荒らすリス、サーリーの冒険談であり成長の話だ。韓国制作会社レッドローバーは最初から海外市場を目標にした。レッドローバーのハ・フェジン代表は「8年前にコンサルティング会社に依頼して調査したところ、当時まで米国で制作されたアニメの80%が制作費以上の収入を記録した」とし「韓国市場は世界アニメ市場に占める比率が1.5%すぎないだけに、米国市場を目標にすれば勝算があると考えた」と述べた。
(中略)
『ナット・ジョブ』の制作は2010年から本格的に進められた。カナダ出身のレペニオティス監督が2005年に制作した短編アニメのリスのキャラクターを主人公とし、ハリウッド古典映画『イタリアン・ジョブ』のような泥棒の話にしようというアイデアから出発した。
制作費450億ウォン(約43億円)はほとんどの韓国で調達した。2010年に韓国コンテンツ振興院グローバルフロンティアプロジェクトに選ばれて受けた6億ウォンからスタートし、韓国輸出入銀行から70億ウォンの融資を受けた。特に昨年4月、ハリウッド配給会社オープンロードが北米配給を担当することになり、投資に青信号がついた。
(後略)


巧みなマーケティングで確実に売れる映画を作ってみせた、と自慢したいのでしょう
実際にはカナダ出身のピーター・レペニオティス監督が采配を振るったのであり、韓国サイドは資金調達と配給会社との交渉、動画作成の下請けをやったのだと推測されます
それを自分の手柄であるかのように自慢たらたらで記事にするところが、いかにも韓国らしいと言えます

予告編を見ると、ギャグ満載のドタバタ喜劇のようです


家族で見て、笑って楽しめるアニメであり、これはこれで娯楽作品としての王道でしょう。動物キャラで子供向きというカテゴリーで、いかにもアメリカ人好みのアニメです
日本のアニメ業界はSFスペクタクルや、主人公の内面を振り下げた人間ドラマ、ボーイ・ミーツ・ガールの恋愛劇に偏っており、動物キャラのアニメはほとんど作られていません(ポケモンくらいでしょうか?)
韓国のアニメ業界が動物キャラの3Dアニメーションに活路を求めるのも1つの選択肢であり、日本のアニメとは競合しないカテゴリーで生き残れる可能性があります
この分野で競合するのは中国でしょう

(関連記事)
酷評された韓国アニメ「クリスタル妖精ジスクォード」
「韓国アニメは独自性を持つべき」 エミー賞監督が指摘
韓国政府 アニメ育成に400億円投資
ガンダムになれなかった日韓合作の3DCGアニメ「RUN=DIM」
日本の魅力を伝える『NARUTO』から学べ 韓国ブログ
「韓国アニメのグローバル化…」でも日本に勝てない理由
アメリカの人気アニメ「ベン10」は実質韓国製ニダ
韓国アニメ「ロボカー・ポーリー」日本の地上波進出
韓国の渾身作CGアニメーション「アイアンキッド」
全力でパクったニダ 韓国アニメ「ハンマーボーイ」
ガンダムのパクリアニメ 韓国の「フェニックスキング」
「韓国で日本のアニソンが人気」と書く産経新聞
韓国のパクリアニメ「稲妻アトム」 劣化がひどい
「宇宙戦艦ヤマト」をパクった韓国アニメ「宇宙戦艦亀船」
韓国アニメーション パクリの歴史を見る
攻殻機動隊のパクリ 韓国アニメ「GunChest」
「紅の豚」のパクリ 韓国アニメ「Mateo - The Great Pig Pirate」
日本超えた韓国アニメ「ゴースト・メッセンジャー」はどうなったのか?
日本に負けない韓国アニメ「Ghost Messenger」の出来は?
カンヌ映画祭参加の韓国アニメ「豚の王」 大コケ


マウス・アンド・マジック―アメリカアニメーション全史〈上〉
楽工社
レナード マルティン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マウス・アンド・マジック―アメリカアニメーション全史〈上〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル