東芝技術流出問題 開き直る韓国

東芝のNAND型フラッシュメモリの技術が韓国企業に盗まれた問題で、裁判所の判断がどう示されるかに注目が集まっています
一方、韓国の側は、「シェアを奪われた日本企業が苦し紛れになって韓国企業を訴えている」とのニュアンスで報道しており、技術を盗むという卑劣な犯罪行為についての反省は微塵も示しません
まさに盗人の開き直りと言える態度です


東芝は13日、自社のNAND型フラッシュメモリの技術が韓国の半導体大手「SKハイニックス」に流出したとして、東京地裁に損害賠償を求める訴えを起こした。韓国メディアは、韓国メーカーの躍進によりシェアを奪われた日本のメーカーが、「韓国に対して本格的に牽制を始めた」との見方を示した。
サンディスクの日本法人に勤務していた元職員は、東芝のNAND型フラッシュメモリの研究データを無断で抜き取り、2008年に「SKハイニックス」に転職した直後に同社へデータを提供した疑いが持たれている。元職員は11年に「SKハイニックス」を退社。13日に警視庁に逮捕され、取り調べを受けている。東芝は、自社の技術を無断で取得・使用されたことにより、1000億円を超える被害を受けたとしている。
東芝の提携先である米半導体メーカー「サンディスク」も同日、カリフォルニア地裁に「SKハイニックス」を相手取り、損害賠償請求訴訟を起こした。
東芝と「SKハイニックス」は、半導体の開発で提携を結んでいるが、NAND型フラッシュメモリの分野では競争関係にある。韓国メディアは、両社は友好関係を維持しているため東芝の提訴は「異例」としながらも、韓国メーカーに対する牽制心理が働いたとの見方を伝えた。
(以下、略)
東芝のデータ流出、「1000億円超の被害」で韓国企業を提訴、「友好関係にも関わらず異例」=韓国報道


過去にも日本企業の技術・特許を侵害し、争いになった事例は数多く存在します
多くの場合、韓国企業は日本企業とクロスライセンスを締結し、特許を相互に使用する形で決着しているのですが、もちろん過去の特許侵害について韓国企業が多額の賠償を支払う内容であっても、その事実は伏せられ報道されません
日本企業に賠償金を支払った事実が明るみに出るのは、「韓国企業が面子を失う」事態であり、何としても避けたいのでしょう
そのためクロスライセンスを締結し、引き分けに終わったかのように取り繕うのが常です
今回もSKハイニックスとしては、裁判の判決で多額の賠償金の支払いを命じられる事態は何としても避けたいのであり、東芝に和解交渉を持ちかけ、訴訟の取り下げを求めるものと予想されます

追記:東芝はSKハイニックスから約330億円を受け取り、和解しています

(関連記事)
東芝産業スパイ事件判決 犯人に懲役5年
日韓のプライドを賭けた鉄鋼戦争
韓国受注のUAE原子炉完成 韓国兵が60年間警備
韓国が日本に勝った「UAE原発プロジェクト」の裏事情
「アベノミクスよりクネノミクスが上」だと誇示する韓国メディア
「大衆文化の日韓戦争」と煽る韓国メディア
日韓唐辛子論争 唐辛子の起源は韓国
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
日本の制韓論を警戒する韓国
韓国のコンテンツ産業売上は2兆円に激増(上半期)
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
Cool Japanに勝利したCool Koreaと報じるメディア
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
日韓アニメーション産業の比較
日本のメタンハイドレード調査にいちゃもんをつける韓国
日韓通貨スワップ廃止 韓国の言い分
通貨スワップ終了で韓国逆ギレ 「通貨危機は日本のせいだ」
朴大統領が日本の世界遺産登録に反対を表明


東芝の半導体事業戦略―先端技術に挑む不屈不撓の男たち
ダイヤモンド社
中川 靖造

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東芝の半導体事業戦略―先端技術に挑む不屈不撓の男たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル