「アンネの日記」損壊は頭がオカシイ人、との説

公立図書館に収蔵されている「アンネの日記」やその関連図書が相次いで破られる事件について、ユダヤ人差別といった思想的な背景による犯行とする見方が多い中で、まったく別の視点から犯行の背景を指摘する記事がありましたので紹介します
精神的な病理を持つ人が、「アンネの日記」やユダヤ人虐殺といった刺激に反応して犯行を繰り返しているのではないか、との指摘です
書いているのは「昼間たかし」です。珍しくまともな記事を書いており、やればできるじゃないかと言いたくなります

“中二病”の犯行ではない!? 被害は30年以上前から…図書館関係者が口に出せない『アンネの日記』破損事件の背景

図書館に勤務した人の言う、「やはり、“ナチズム”や“ホロコースト”は特定の精神的構造を持った人を引きつける要素が強いんじゃないかと思います。私も過去に、図書館内でホロコースト関連の本を破っている人を見つけたことがありますが、その人物は刑事事件の責任能力がない人でした」との指摘は十分に頷けるものです
強制収容所や監禁、拷問といったサディステックな要素が、自身に内包されたマゾヒズムを刺激し、性的な興奮を伴った幻想を誘発する可能性があると考えられます
即ち「アンネの日記」を破る行為は十代半ばの少女を陵辱する行為に等しく、犯人はある種の性的な快楽を求めて犯行を繰り返しているのかもしれません
となれば、それはひどく個人的な内因による犯行であって、民族差別云々とは無関係の出来事です
警察は殺人事件並みの捜査体制を敷いているというのも、今回の事件が「日本人によるユダヤ人差別の現れ」ではないと世界へ向けて証明し、疑いを払拭するためなのでしょう
今のところは書店の店頭で「アンネの日記」を破り、店員の通報で逮捕されるといった事件はなく、図書館で目立たないように犯行を繰り返しているところからすれば、特定の思想に駆られた左翼集団や右翼集団による犯行だとは決めつけられません。政治的な信念による犯行なら、それを宣伝するのが常であり、「アンネの日記」を出版禁止にせよ、とアピールするのが先です
そのようなアピールを発している政治団体があれば、警察が真っ先に強制捜査に踏み切っているはずです

(関連記事)
「アンネの日記」破損男 心神喪失で不起訴
「アンネの日記」損壊事件 日記はフィクションだとの言い分か?
「アンネの日記」損壊で容疑者逮捕
中韓メディア 「アンネの日記」損壊は日本右傾化のため
作家石田衣良 右傾化エンタメの売れる日本を批判
「安倍政権で日本のエンターティメントが右傾化」と報じる朝日新聞
日本を「零戦ブーム」と表現する韓国メディア
マルクス思想ブーム再来と書く朝日新聞
「日本の右傾化する若者」を批判する韓国メディア
韓国大統領「竹島訪問日本が右傾化したから」発言
「ネトウヨ内閣」と記事にする東京新聞
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
作家辺見庸「旭日旗の恐怖はアジアに焼き付いている」
韓国メディア 「日本の右翼漫画ブーム」と批判
「進撃の巨人」で再び愚論を書く韓国メディア
「進撃の巨人」を論評する韓国メディア
モスクワの図書館火災 100万点の学術資料焼失


夜と霧 新版
みすず書房
ヴィクトール・E・フランクル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜と霧 新版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル