ワタミ自殺裁判 ワタミ社員が傍聴席占拠

居酒屋の和民で働いていた女性従業員が過労の末に自殺に追い込まれた事件で、民事訴訟の公判が開かれました。当日はワタミの社員が大勢裁判所に押しかけ、傍聴席を占拠するという異常な事態が発生したと報じられています

ワタミ社員「裁判傍聴席を占領?」騒動 渡辺美樹氏はフェイスブックで「否定」

ワタミ側は組織的に社員を動員し、傍聴席を占拠した事実を否定しています。しかし、どうなのでしょうか?
原告側の支援者はもちろん、傍聴して記事にしようとするメディア関係者までもを排除し、裁判の模様が報道されるのを阻止しようとの意図がありありです
こんな真似をすれば一般世間から批判されるのは明らかなのに、ワタミという企業には良識がすっぽりと抜け落ちているように映ります
これも経営者であった渡邉美樹元会長の異常な思想が浸透した結果なのであり、力尽くで批判や異論を封じ込めようとする態度です
被告となった企業にも裁判を傍聴する権利があるのは当然ですが、企業の法務担当者が1人か2人傍聴すれば足りるのであって、他の傍聴者を排除すべく大勢で押しかけ、入り口を塞ぐような真似をするのは明らかに不当な行為です
ワタミ側は社員が自発的に傍聴しようと裁判所に赴いたかのような主張をしています。が、あまりにも見え透いた言い訳でしょう。社員を動員してこんな破廉恥な真似をしているからこそ、ブラック企業だと批判されるわけで…
渡邉美樹元会長は、「被告とされると、とかくすべてを否定されてしまいます。一方的な声にかき消され『事実』が正しく伝わらないことがあります。何卒『事実』を正しくご理解頂ければ幸いです」と他人事のようにコメントしています
しかし、ワタミの会社ぐるみの上記の行動にこそ、「真実」が露呈しているように自分には感じられます

(関連記事)
ワタミの「24時間働け思想」復活
https://05448081.at.webry.info/202010/article_25.html
ワタミ過労自殺問題 和解が成立
ワタミの居酒屋で店員がトイレを盗撮・逮捕
ワタミ過労自殺裁判はどうなったのか?
「ワタミ」赤字転落 ブラック企業ビジネスの限界
「ワタミ過労死」で発言する渡邉美樹参院議員の裏表
ワタミ過労死事件 「責任はないけど金は払う」態度
ワタミ過労自殺 民事訴訟で経営責任を問う
ワタミ会長のブラックな教育
ワタミ渡辺会長 遺族に「1億円ほしいのか」と言い放つ
ワタミ会長 ブラック企業呼ばわりに反論
居酒屋「和民」 労働時間管理はでたらめと発覚
ワタミ会長への批判 社員自殺事件
ワタミ社員過労で自殺 会長は無責任な言い逃れ
ワタミ過労自殺 いまだ会社側は説明せず
社訓を暗唱できない者はクビ、という会社
採用内定辞退を強要 「くら寿司」のブラック度
「餃子の王将」 スパルタ研修で批判される
牛丼値下げ合戦 その報道
ブラック企業名を非公開 擁護する国の姿勢
企業研修という名の異常行動が横行
大阪の民間人校長が3カ月で辞任
居酒屋甲子園と若者洗脳教育
元祖ブラック企業 ウォルマート
ブラックバイト 「しゃぶしゃぶ温野菜」を刑事・民事で告訴
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
電通過労自殺事件で社長が辞任

ブラック企業ビジネス (朝日新書)
朝日新聞出版
2013-11-13
今野晴貴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック企業ビジネス (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル