体罰は必要だとする産経新聞の記事

大阪市立桜宮高校でバスケットボール部のキャプテンが顧問である教師の体罰を苦に自殺した事件で、教育現場における体罰が厳しく問われる風潮が広がり、体罰を振るっていた教師が次々と摘発されています
しかし、産経新聞は一貫して「教育現場には体罰も必要だ」とする論調を掲げ、この体罰禁止の風潮に異議を唱えてきたところです
4月29日付けの記事では、「『先生は何もでけへんやん』と挑発され、教諭は立ち尽くした。大阪市立中学校の校長らで作る研究班が実施した調査で教諭が生徒から暴言を浴びせられる実態が明らかになった。市教委が教諭の“摘発”を強化する中、教諭が指導に踏み込めずに挑発がエスカレートしているとの指摘もある。市立桜宮高校の体罰事件の余波は深刻だ」と、桜宮高校の体罰事件がすべての根源であるかのような書き方になっています
これは自殺した生徒への侮辱でしょう

「先生は何もでけへん」現場の萎縮逆手、生徒の挑発エスカレート 指導に踏み込めない学校の実態

いまさら書くまでもない事実ですが、桜宮高校の体罰事件は教師に反抗した生徒が体罰を受けた事案ではなく、指導力も指導理論もないバスケットボール部顧問が一方的に体罰を加えて部活動を仕切っていた事案であり、上記の記事にあるような「生徒の挑発」とは無関係です
なんでもかんでも桜宮高校の事件のせい、であるかのような書き方は問題です
記事では「体罰という手段を失った教師は生徒からなめられ、教育現場の秩序が失われてしまった」と決めつけたいがためのものであり、短絡的と言わざるを得ません
産経新聞では過去に、「喫煙を繰り返す生徒を教師が殴ったところ、親から『よくやった』と感謝された」と美談であるかのように紹介する記事を掲載し、「教育現場には体罰が必要だ」との主張を提起していました
しかしこれは美談などではなく、喫煙をするこどもを放置していた親は無能ですし、その生徒を殴ることでしか指導できない教師にも問題があります
殴ればそれで問題が解決するとの決め付けは危険であり、そこに指導理論も理念もありません
ですから、殴って解決できるような事案(たとえそれが成功例であったにせよ)がもてはやされ、賞賛されるのは大間違いです
もちろん、教育現場の秩序を乱す生徒や教師を挑発する生徒を許す必要はなく、出席停止などの措置を講じたり、暴行の事実があれば刑事告発もすべきでしょう
むしろこうした問題を、「体罰こそが唯一の解決手段」だと決めつける産経新聞の思考にこそ重大な瑕疵があると思います

(関連記事)
中学体罰教師 上野宝博を懲戒免職
https://05448081.at.webry.info/202011/article_41.html
児童を黒板に叩きつける 豊橋の小学校教諭
髪の黒染強要で生徒が不登校 大阪府立懐風館高校
大分竹田高校体罰死事件を考える 顧問の独善
松山の中学で教師が10数発、生徒を叩く
京都地裁 体罰教師の氏名公開を命じる判決
体罰教師 5度目で停職処分
大阪の中学 桜宮高校の元体罰教諭をコーチに招く
桜宮高校自殺 元バスケ部顧問教師に4300万円賠償命令
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校の体罰教師起訴 平手打ちのビデオ
体罰教師はなぜ体罰を繰り返すのか 研修も中身なし
桜宮高校 体罰の元教師がテレビで謝罪
桜宮高校 自殺生徒が顧問に書いた手紙
桜宮高校 顧問の処分軽減の嘆願書に1100人が署名
桜宮高校 生徒への嫌がらせに対策なし
桜宮高校 部活再開を要求する生徒、保護者
桜宮高校 橋本大阪市長が小倉智昭を圧倒
桜宮高校 生徒の言い分を考える
桜宮高校 生徒がツイッターで飲酒喫煙自慢し炎上騒動
桜宮高校 「受験生の夢を奪うな」との主張
桜宮高校 体罰教師は土下座していた
桜宮高校 入試中止を求める橋下市長
桜宮高校 入試を実施すべきか否か
桜宮高校 体罰教師は今何をしているのか?
桜宮高校 体罰を隠蔽する校長
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
桜宮高校 体罰教師を咎めなかった事情


いじめは「犯罪」である。体罰は「暴力」である。
潮出版社
和田秀樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いじめは「犯罪」である。体罰は「暴力」である。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル