韓流百貨店倒産に失望する韓国メディア

「韓流はアジアを制覇した」とか、「日本列島征伐を完了した韓流」などという馬鹿げた表現を好んで使ってきた韓国メディアは、韓流百貨店倒産のニュースに直面し大いに失望しているようです
新大久保などに複数の店舗を構え、韓流グッズを販売していた韓流百貨店が経営破綻した事実を目の当たりにし、日本における韓流ブームの終焉を認めざるを得ないわけです
朝鮮日報の記事を以下に引用します


韓流百貨店破綻、日本で韓流が窮地に
東京のコリアン・タウン、新大久保にある「韓流百貨店」がこのほど経営破綻した。韓流スター関連商品・ドラマDVD・韓国製化粧品などを販売していた韓流百貨店は2005年、新大久保にオープンしてから韓流ブームに乗って急成長を果たした。しかし、最近は売り上げが急減して経営難に陥っていた。東京・六本木の韓流ミュージカル専用劇場「アミューズ・ミュージカルシアター」もオープンから1年たった今年3月末に閉鎖された。興行に失敗したからだ。韓流ドラマも「テレビ東京」を除く地上波局で放送が終わった。
10年間成長を続けてきた日本の韓流ブームだが、韓日関係の悪化で「反韓感情」が高まり「消滅してしまうのではないか」という懸念すら出てきている。韓流ブームの衰退は、ビジネスの論理を無視した価格つり上げや過当競争が一因だとの見方もある。
■あまりにも上がりすぎたコンテンツ価格
韓流ドラマの価格は2000年代に1話当たり2万ドル(約200万円)水準だったが、韓流ブームがピークに達していた12年に最高40万ドル(約4000万円)まで上昇した。しかし、視聴率がそれほど稼げず、高い価格でドラマを輸入した日本のコンテンツ関連会社などは相次いで大きな打撃を受け、今では韓流ドラマの買い付けに消極的だ。
朝日新聞は「韓流ドラマの価格が高騰したことから、日本の放送界は価格が安い中国歴史ドラマの放映を増やしている」と報道した。このため、「日本での反中感情は反韓感情に劣らず強いが、それでも中国ドラマの輸入・放映が増えているということは『韓流ドラマが下火になっているのは必ずしも韓日関係の悪化のせいだけではない』ことの証明だ」という声も上がっている。
(以下、略)


省略した部分では、ファン離れによる売上減少を値上げで補おうとする商法(コンサートやファンミーティングのチケット代の値上げ)といった手法が、ますます韓流人気の低迷に拍車をかけたと指摘しています
それでも、一部の実力派歌手や優良なドラマなど、競争力のあるコンテンツは生き残れるだろうと、希望的な観測を述べています
日韓関係の悪化が韓流衰退の直接原因なのかどうか、決めつけるわけにはいきません
自分には、「韓国政府が韓流輸出振興策で金を振りまき、韓流ブームを演出してきたものの無理が続かなかっただけ」のように映ります
さらに言えば、韓国の芸能人はバリバリの整形顔ばかりで見ていて不快になってしまうのも、日本で飽きられてしまった原因でしょう
最後に上記の朝鮮日報の記事の末文で、韓流人気を支えるであろうと期待されている「EXO」というグループを紹介しておきます
お約束、といった感しかない既視感漂う男性アイドルグループです。韓流人気復活の切り札になるとも思えないのですが…

EXO Music Video



(関連記事)
韓流テーマパーク頓挫もヘイトスピーチのせい?
大阪に韓流テーマパーク建設
K-POPのPVが日本の特撮もののパクリ?
本を読まない韓国 政府の振興策?
日本人観光客激減で韓国は悲鳴
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
「K-POPからKカルチャーへ」 韓流押し売りに執着する韓国
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
韓国メディア「PSYの新曲が日本で大ヒット」と書くも大外れ
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
韓流歌手PSYの反米ソングがアメリカでバレる
「江南スタイル」PSYの反米ソングに批判 苦しい釈明
YouTube規制で「江南スタイル」が人気動画の座から陥落
K-POPの次に来るのはK-ROCK
「韓流をまねてJ-POP展開へ」と書く韓国メディア
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
「韓流イベント」の記事を書いたら名誉毀損だ、削除しろと言われた件
日韓通貨スワップ廃止 韓国の言い分
通貨スワップ終了で韓国逆ギレ 「通貨危機は日本のせいだ」