「美味しんぼ」問題でとことん逃げまくる雁屋哲

福島原発事故を巡って風評を垂れ流したマンガ「美味しんぼ」は、当面の間休載すると発表されています
世間の反論に耳をふさぎ、逃げまくる算段なのでしょう
原作者である雁屋哲は自身のブログで、「現在のところ、まだ冷静な議論をする状況にない」として当面は取材を受けない考えを示しています。これも単なる逃げ口上でしょう。冷静な議論ができないのは雁屋哲自身であって、世間一般ではありません
数多の批判を浴び、反論できないゆえに海外に滞在し、7月末まで帰国しないともほのめかしています

(引用元の記事が削除されました)

漫画家にせよ、原作者にせよ、自身の作品にさまざまな批判が寄せられれば、なにがしかの形で応えるべきでしょう
特に今回のように風説を垂れ流すような結果を招いたのであれば
ところが雁屋哲は批判から逃げて回るばかりで、みっともない限りです
しかもそれを「冷静な議論できない」と、まるで日本の社会そのものに問題があるかのようにすり替えているのですから、呆れるばかりです
これが中国なら問答無用で雁屋哲を公安当局が逮捕し、裁判にもかけず政治犯収容所に監禁して社会的に抹殺するところでしょうが、日本は民主国家なのでそんな真似はしません
このまま雁屋哲はシドニーにでも滞在し、反原発団体など応援団が息を吹き返して自分を擁護してくれるのを待つつもりなのでしょう
小学館の「ビッグコミック」編集部は海外に逃げるわけには行きませんので、日々批判にたえているというのに
小学館はここを見極めどころと判断し、「美味しんぼ」の連載復帰はなく、このまま連載を廃止すると決定すべきです

(関連記事)
「美味しんぼ」台詞を修正して単行本化
「美味しんぼ」批判に怒る松本人志
「美味しんぼ」で被曝被害を煽り炎上騒動
「美味しんぼ」原作者が福島で鼻血ブー
仏ワイン誌最高賞に「神の雫」
サックス走者矢野沙織「福島県産農作物批判」で炎上騒動
放射能汚染地域の献血を批判した市会議員が批判される
ツイッターで暴言の東電社員 住所・氏名を特定される
原発メルトダウン予告の東電社員坂井クンはどうなったのか?
反原発派 「謎の巨大生物」ツイートで炎上・逃亡
福島知事選挙の余談
JR放火男逮捕 42歳の売れないミュージシャン
TOKIOのラーメン批判で推理作家が炎上、謝罪
霞が関の「反原発テント村」撤去に抗議する東京新聞


美味しんぼ 108 (ビッグコミックス)
小学館
2012-02-29
雁屋 哲

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美味しんぼ 108 (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル