中国海軍の実力を誇示する「おバカ記事」

何とか日本を屈服させようと焦っている中国が、またとんでもない報道をしています。中国メディアの記事は政府の検閲を経たものですから、事実上中国政府の発言と解釈して構いません
中国の海軍力が日本を屈服させるという、彼らの願望をそのまま記事にした格好になっています


中国海軍力は恐ろしい、日本の最後の進路を直接断つ―中国メディア
中国海軍の質の強化の速さが想像を超えることは、すでに事実となっている。過剰な反応は最上の策ではないが、「中国海軍の実力は強大ではない」といった現実と合致しない過小評価を下すわけにはいかない。
中国海軍の海上活動を分析する時、日本が最も注意しなければならないのは、海南島の海軍基地だ。それは中国の南シナ海戦略の成否に直接かかわってくる。日本は東シナ海で中国海洋戦略の直接的な脅威にさらされているが、中国が南シナ海を支配してしまえば、日本の経済と国民の生活に深刻な影響を及ぼすことになる。
だが、米国の大多数のメディアや政治家、政策制定者は中国海軍に対する昔のイメージを払しょくできずにおり、誤った対中策略を続けている。隣国の日本は中国海軍と長距離弾道ミサイルの直接的な脅威を受けており、問題は米国より深刻だ。南シナ海の公海の自由航行を確保するため、少なくとも日本に関連するタンカーや貨物船の安全な航行を確保するため、日本は(1)米海軍と協力する(2)独自に南シナ海に海軍や空軍を配備する(3)中国の軍事的脅威に屈服して、中国海軍の保護下で南シナ海を航行する―の3つから選択するしかない。いずれにし
ろ、日本にとっては痛みを伴う選択になる。


いまさら指摘するまでもなく、日本のタンカーが通過する南シナ海からマラッカ海峡に至る国際航路は公に通行が認められたものであり、中国海軍がどうこうできるものではありません
これをまるで中国海軍が支配しているかのように書くところに、中国の焦りがにじみ出ています。もちろん軍艦でタンカーやコンテナ船の航行を妨害したり、必要もないのに停船を命じて臨検したり、拿捕するという手段はありますが、平時にそれをやれば海賊と同じであり中国海軍が批判を浴びるわけで
記事はまるで中国海軍が海賊並みの悪行を働くぞ、と宣言するようなものです
とても正常な国家の発するコメントではなく、その異常さが際立っています
中国海軍の実力は圧倒的だと言いたいのかもしれませんが、それが嘘であるのは数々の事例が証明しています
例えば以下の記事です

中国軍 マレーシア機捜索で誤情報連発し技術力の低さを露呈

現代の戦争が情報の収集、分析に大きく依拠しているのですから、中国海軍が見劣りするのは明らかです
中国政府はマレーシア機の機体発見とブラックボックス回収を海軍に厳命していると思われます。が、中国海軍にその目標を達成できるとは思えず、中国政府は己の海軍の実力不足を認めざるを得ないでしょう
だからこそ上記のような虚仮威しの記事を公表させ、日本を畏怖させようと狙っているものと考えます

(関連記事)
日本のF35戦闘機追加配備を揶揄する中国
「尖閣で日中衝突なら日本は5日で敗北する」との記事
中国メディアの飛ばし記事「韓国の国産戦闘機を米海軍が350機導入」
マレーシア機撃墜 親露派は遺体を取引材料に
マレーシア航空機を撃墜 親ロシア派の犯行
中国海軍イージス艦 リムパックに参加
マレーシア航空機失踪 なぜ発見できないか?
中国メディア「日本はなぜ中国に屈服しないのか?」
日本を屈服させられず焦りまくる中国の悲鳴
米メディア 「ナチスを例に日本批判する中国」を批判
「尖閣棚上げ合意なし」 78年の日中会談
「中国は尖閣諸島より民度向上に努めよ」とフィナンシャル・タイムズ
日米首脳会談をくさそうと必死になる中国メディア
「尖閣に隕石が落ちれば」発言の中国人 開き直る
「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ不適切発言
尖閣上陸の香港活動家 チンピラ集団だったとバレる
大気汚染も「日本のせいだ」と主張する中国
「日本女性は中国人と結婚したがっている」と書く中国メディア
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
日本のソフトパワー 世界ランクで8位
世論調査「中国を信頼できず84%」
日本を「アジアの病人」と報じる中国メディア
丹羽中国大使更迭へ 尖閣諸島問題
丹羽大使、「尖閣購入支持する日本人はおかしい」
尖閣諸島の共有を呼びかけるベネトンのCMに批判


中国の軍事力 日本の防衛力(祥伝社新書317)
祥伝社
杉山 徹宗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国の軍事力 日本の防衛力(祥伝社新書317) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル