HKT48指原莉乃主演映画「薔薇色のブー子」大コケ

HKT48指原莉乃がメディアに登場しない日はないというくらい、連日彼女の行動やら発言が記事になっています
なぜメディアがそこまで彼女を取り上げるのかは分かりません
昨年のAKB総選挙で1位になった、というだけではないのでしょうが、AKB48やその他のグループの活動に関心はないので、あれこれ詮索する気もなく、ただ奇妙な現象のように映ります
その指原莉乃主演の映画「薔薇色のブー子」が封切られたのですが、興行収入ランキングにも登場しないほど大コケしたと報じられていますので紹介します


日本で公開されている映画の週末興行を掲載した「Japan Box Office」ページでは、5月31~6月1日の興行収入第1位は『アナと雪の女王』で約7億6000万円。このランキングでは18位までしか掲載されておらず、そこに『薔薇色のブー子』は入っていない。18位の『ラストベガス』の興収が約690万円となっており、ランク外の『薔薇色のブー子』はそれ以下と思われる。
なお、2週目の週末(6月7日~8日)のランキングは13位までしか掲載されていないが、やはりそこにも『薔薇色のブー子』のタイトル名はない。


全国69館で上映された作品なので、最初から指原莉乃やAKBグループのファンを狙った興行であり、興行収入10億円などという大ヒットを期待していたわけではないと思われます
上映は2週目を終えたところで打ち切りになりそうですから、最終的に興行収入は2000万円にもとどかないのではないかと予想されます
制作費も宣伝費もペイできず、相当の赤字を計上する結果であり、関係者は頭を悩ませているのでしょう
映画の中身の方は以下のような内容です

映画『薔薇色のブー子』予告編


これが面白いのか、と言いたくなるシーンの連続であり、予告編を見た人のほとんどは映画館へ行ってチケットを購入してまで見る価値のない映画、だと感じるのではないでしょうか?
お世辞にも指原莉乃の演技が上手だとは言えません

(関連記事)
ドラマ低視聴率で前田敦子は女優業に自信喪失
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ
前田敦子 大コケ映画「もしドラ」で日本アカデミー賞話題賞?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真
前田敦子泥酔事件に女性は共感
前田敦子 泥酔し尻丸出し
24時間テレビはなぜか前田敦子卒業ライブ中継予定
AKB襲撃事件 握手会商法破綻
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
AKB48をパクった中国のAK98 解散状態
中国のパクリ文化 AKB48を真似たAK98登場
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真
「制服向上委員会」が自民党打倒を叫ぶ
広瀬すず 映画「ちはやふる」爆死報道
志田未来と神木隆之介熱愛報道に見る「アイドル恋愛禁止の愚」
「てじなーにゃ」の山上兄弟 イケメンになっていた


指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社MOOK)
講談社
2012-01-19
指原莉乃

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル