都議会セクハラ野次 録音されていた発言の数々

東京都議会は塩村議員に対する野次の発言者を特定しないまま閉会し、幕引きを図った形ですが、メディアはまだまだ追及する構えでいます
背景にはこの問題をうやむらのまま終わらせるべきではない、との世論があります。さらにメディアとしても都議会議員を追及し、クビを獲りたいとの欲もあるのでしょう
当日の都議会を取材していた朝日新聞の記者がボイスレコーダーで野次を録音していたようで、「報道ステーションSUNDAY」(テレビ朝日系)の中で紹介されています

「セクハラヤジ」朝日記者が録音していた 「自分が産んでから」言ったのは誰だ

問題となる野次は、「自分が産んでから」と「やる気があればできる」の2つに絞られたようです。が、声紋鑑定で発言者を絞り込んだとしても、当の議員は「自分は言っていない」と否定し、関与を認めない可能性も考えられます
みんなの党が都議会の場で声紋鑑定を根拠に発言者への懲罰を求めても、都議会の多数派である自民党はこれに反対するのでしょう
ならば都議会以外の場で責任を問うしかありません
世論がセクハラ野次を飛ばした都議会議員の辞職を求めているのに、議会がそれを無視するのなら、都議会の解散を求めるのも1つの選択肢です
一部には、「政治家の出処進退は自らが判断すべきであり、外野がとやかく言うべきではない」との見方もあるのですが、これは誤魔化しでしょう
金銭問題が発覚した政治家や、スキャンダルを暴露された政治家の多くは出処進退の判断を誤るケースが多く、議席にしがみついて醜態を晒すか、あるいは自殺する者もいます。潔く議員辞職する方が稀です
自民党の党首である安倍首相は、「女性が進出しやすい社会を目指す」と公言しているのですから、この件についても明確なメッセージを示し、セクハラ発言をしたまま頬かむりしている自民党都議会議員を許さないとの姿勢を打ち出すべきです

(関連記事)
都議会セクハラ野次 不問のまま閉幕
都議会セクハラ野次 5日目に名乗りでた犯人
都議会セクハラ野次 自民党の迷走
都議会セクハラ野次 「産めないのか」
柔道金メダリスト内柴正人 セクハラで大学を懲戒解雇
立命館大でセクハラ 准教授ら相次いで処分
早稲田大教授、セクハラでクビ
セクハラおやじ
号泣県議 野々村竜太郎に執行猶予付き有罪判決
号泣野々村元県議 初公判をすっぽかす
号泣会見県議の疑惑続々
デタラメ出張で号泣記者会見 野々村兵庫県会議員
大阪市公募校長パワハラで更迭
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
秋篠宮夫妻を国会で怒鳴りつけた民主党中井議員
さくらパパ 横峯議員が賭けゴルフ報道裁判で敗訴
さくらパパ 横峯議員強制起訴の可能性
さくらパパ 横峯議員は政治資金でゴルフ観戦
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
韓国人エロ牧師 セクハラで賠償命令
滋賀学園に「1回戦負けしろ」発言の吉田県議に非難殺到