三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決

2013年10月、東京三鷹市で元交際相手の女子高生を殺害した池永チャールストーマス被告に対する判決公判が8月1日にあり、懲役22年の実刑を言い渡しています
検察側は極めて悪質な犯行だとして無期懲役を求刑、一方の弁護側は「母親のネグレクト(育児放棄)など、過酷な環境で育ったことが影響した」と述べ、懲役15年が相当と主張していました
量刑に関しては、「被害者が1人の事例で無期懲役は重すぎる。ここは過去の判例に照らして22年くらいが相場」との判断があったのかもしれません
しかし、18歳の少女の未来を奪っておいて、懲役22年という刑罰は随分と割に合わないものに映ります。仮に池永チャールストーマス被告が22年服役したとしても、出所時は44歳です。十分に再犯の危険が予想できるわけで
被害者家族側は、東京地裁立川支部が池永チャールストーマス被告に懲役22年の判決に「失望した。なんでこんなに軽いのか、全く理解できない」とのコメントを出しています。池永被告が生徒のプライベートな画像をインターネットに流出させたことについて、遺族側は「(判決は)リベンジ(復讐)ポルノの犯罪の本質、被害の大きさを全く理解していない」と厳しく批判しています
今のところ、池永被告が判決を不服として控訴するかどうかは不明です。無期懲役ではなく、22年の懲役刑で済んだのなら受け入れる気なのかもしれません
もちろん、判決を受け入れたからといって事件を反省しているわけではなく、殺害行為に及んだ自分の正当性に執着したままなのでしょう

(関連記事)
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
三鷹女子高生殺害を考える3 ストーカー男の余罪
三鷹女子高生殺害を考える4 凶行前の行動
三鷹女子高生殺害を考える5 裸体写真をアップした理由
三鷹女子高生殺害を考える7 東京高裁で差し戻し
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
ストーカー殺人 被害者を批判するテリー伊藤
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
同性愛者ストーカー殺人を考える
大学職員がストーカー、同僚を殺害して逮捕
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果
長崎ストーカー殺人で千葉県警本部長ら処分へ
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
石巻3人殺傷事件を考える1 事件の状況など
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
石巻3人死傷事件を考える3 復縁に揺れる
石巻3人死傷事件を考える4 犯人のプロフィール
石巻3人死傷事件を考える5 被害相談
石巻3人殺傷事件を考える6 死刑判決
石巻3人殺傷事件を考える7 死刑判決批判の愚
ストーカー殺人 被害者を批判するテリー伊藤
群馬ストーカー殺人を考える1 警察の対応
群馬ストーカー殺人を考える2 警察の失態
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 身近なアイドルという罠
小金井アイドル刺傷事件を考える 誰がストーカーと判断するのか
小金井アイドル刺傷事件を考える SNS書き込みは規制対象外
小金井アイドル刺傷事件を考える 容疑者は鑑定留置


「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)
新潮社
小早川 明子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル