舞鶴女子高生殺害犯が中年女性を刺し逮捕される

平成20年に京都府舞鶴市で府立高校1年の小杉美穂さん=当時(15)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた中勝美被告(66)ですが、結局裁判所の判断で無罪判決が確定しています
その中勝美元被告が5日の朝、大阪市大阪市北区兎我野町の雑居ビルで女性(38)を刺したとして逮捕される事件がありました
以下、産経新聞の記事を引用します


大阪府警は5日、大阪市北区で女性を刺したとして、殺人未遂容疑で、舞鶴高1女子殺害事件で逮捕・起訴され無罪判決が確定した無職、中勝美元被告(66)を現行犯逮捕した。
逮捕容疑は、5日午前8時40分ごろ、大阪市北区兎我野町の雑居ビルで女性を刺したとしている。府警曽根崎署や消防によると、女性は顔や胸、背中など約10カ所を刺されたとみられる。調べに対し、中容疑者は「ママの上半身を数回ナイフで刺した」などと供述しているという。
中容疑者は京都府舞鶴市で平成20年5月、府立高校1年の女子生徒=当時(15)=が殺害された事件で殺人罪などに問われたが、今年7月に無罪が確定している。昨年5月には、大阪市西成区のコンビニで雑誌を万引したとして窃盗容疑で逮捕され、大阪地裁で同8月、懲役1年2月の実刑判決を言い渡されていた。
現場は大阪市営地下鉄谷町線東梅田駅から東に約300メートルの繁華街。


中容疑者は上記のコンビニで雑誌を万引きした事件で服役し、今年の9月に刑務所を出所したばかりなのだそうです
生きてる限り犯罪を繰り返し、社会に迷惑をかける人物と見て間違いないのでしょう
本件では女性をナイフで執拗に刺しているところからして、殺意があったのは明確であり、言い逃れできるものではありません
中容疑者が舞鶴の女子高生殺害で裁判になったとき、一部のメディアはこれを冤罪だとして飛びつき、善良な市民が警察・検察の陰謀によって犯罪者に仕立てられているかのように報道し、中容疑者を擁護していました
残念ながら一事不再理の法理により、中容疑者を再び舞鶴の女子高生殺害容疑で起訴するわけにはいかないのですが、今回の殺人未遂事件で無期懲役にでも処し、生涯刑務所に拘禁しておくのが妥当な判断だと思います

(関連記事)
舞鶴女子高生殺害の中勝美 別件で懲役16年判決
舞鶴女子高生殺害事件を考える1 死刑の求刑
舞鶴女子高生殺害事件を考える2 被害者との接点
舞鶴女子高生殺害事件を考える3 無期懲役判決
舞鶴女子高生殺害事件を考える4 高裁で無罪判決
舞鶴女子高生殺人 中勝美被告は本当に無罪だったのか?
千葉女子大生遺棄事件を考える1 遺体を捨てる理由
千葉女子大生遺棄事件を考える2 殺害の動機
千葉女子大生殺害事件を考える3 支配と暴力
千葉女子大生遺棄事件を考える4 別件の強盗容疑
千葉女子大生遺棄事件を考える5 被害者の金を引き出し再逮捕
千葉女子大生遺棄事件を考える6 別件の強盗強姦事件
「無期懲役でも15年で仮釈放」とデマを流す弁護士
福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告
福岡強姦殺人 古賀被告に無期懲役判決
福井女子高生刺殺 「酌を断られたので刺した」
福井女子高生刺殺 同居の祖父を逮捕