中国がニカラグアに大運河建設

中国系の香港企業がニカラグアに大運河を建設し、パナマ運河に対抗する輸送路を開発する計画だと報道されています
パナマ運河よりも水深を深く取り、大型のタンカーやコンテナ船の航行に可能にすることで需要を呼び込もうという目論見なのだとか
建設費は約6兆円と巨額なものですが、資金はすでに集まっていると強気な構えです。果たして計画通り、2019年までに完成するのでしょうか?
産経新聞の記事から一部を引用します


中国系の香港企業が中米ニカラグアで太平洋と大西洋を結ぶ全長約278キロの運河建設に着手し、米国を刺激している。パナマ運河に対抗する船舶ルートで、2019年の完成をめざす。総事業費は約500億ドル(約6兆円)。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は27日、中国が運河で中南米への影響力を強める、との米報道を特に否定せずに紹介した。
同紙などによると、ニカラグア運河計画は太平洋側のリバスから東にニカラグア湖を経て大西洋(カリブ海)に至るルート。パナマ運河に比べて約3・5倍の距離があるが、水深が約28メートルと2倍あり、より大きな積載量40万トン級の船舶の航行が可能。リバスで27日までに着工式が行われた。
(以下略)


中国系企業が単独で約6兆円もの大規模な運河建設に乗り出せるわけもなく、背後に中国政府がいるのは明らかです
建設のための資金を確保済みであるとの話は疑わしく、これも中国政府の金を当て込んだ上で「資金面で問題はない」と強弁しているのではないでしょうか?
パナマ運河建設当時に比べ、土木工事の機械化も進んでいますから、2019年までに運河の建設は十分可能だと思われます
不安要素があるとすれば、ニカラグアの政変でしょう
大統領が替わったり、クーデターが起きたりすれば、運河建設にまつわる契約を破棄する事態もあり得ます。アメリカが工作をして運河建設に反対する人物を大統領に据える、などという展開も考えられます
よくもまあ、こんなリスクの高い事業に乗り出したものだと呆れてしまいますが、中国政府は本気でアメリカに対抗する気のようです
これまでにも第二パナマ運河計画は存在したものの、採算が取れないとの理由で見送られてきました。ニカラグア運河がパナマ運河より通行料を安く設定し、利用客を呼び込もうとすれば、パナマ運河も通行料引き下げに走るのでしょう
となれば、ニカラグア運河の建設費や維持費を通行料でペイするのは難しくなるわけであり、出資者は配当を手にできません
運河の運営会社の株式公開に踏み切り、その上場益を出資者に還元するという手もありますが…
現地では運河建設に反対する運動も始まっています。環境保護団体もこれに加わるのでしょう。中国政府が環境に配慮するはずもなく、淡水湖であるニカラグア湖も海水の流入や船の廃油で汚染され、回復不可能な状態に陥るのは目に見えます

(関連記事)
中国各都市が「ゴミ屋敷化」している問題
「鉄板が薄い日本車は危険」と言い張る中国
「米中首脳会談に日本が嫉妬」と書く中国メディア
中国鉄道事故 「日本のレベルに追いつくのは簡単」と豪語していた
大気汚染も「日本のせいだ」と主張する中国
稲盛和夫氏「中国は『徳』の文化を持った知識人が多い」発言
日米首脳会談をくさそうと必死になる中国メディア
「中国の民度は最低」 国連報告に揺れる中国
中国 科学技術政策を自画自賛
インドネシアで橋が崩壊 中国が建設した欠陥構造物?
中国株安 時価総額で500兆円消し飛ぶ


パナマ運河 百年の攻防 〔1904年建設から返還まで〕
藤原書店
山本 厚子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パナマ運河 百年の攻防 〔1904年建設から返還まで〕 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル