「イスラム国人質事件」の神奈川新聞コラムが酷い

イスラム国で拘束された湯川さん、後藤さんについてさまざまな報道がされているのですが、この事件にかこつけて随分と勝手な意見を述べている方もいます
その1つが神奈川新聞に掲載されたコラムです。イラクで人質になった経験のあるジャーナリスト安田純平へのインタビューをコラム風にまとめた内容で、「多様性」という名の下に随分と頓狂な意見を開陳しています


(前略)
過去にイラクやアフガニスタンといった紛争地帯で起きた武装勢力による拘束事件では、人道支援の関係者やジャーナリストだけでなく旅行者も狙われた。
安田さんの目に自己責任論の矛先はいま、後藤さんが救出しようとした湯川遙菜さん(42)により厳しく向かっているように映る。自ら立ち上げた民間軍事会社の顧問を名乗り、反政府勢力と行動をともにしているところを捕らえられたとみられる。
「だが」と安田さんは力を込める。「何をしに紛争現場へ行ったのかを救出の是非に結び付ける論調がある。それでは理由によっては『では、助けなくてよい』という話になりかねない。それは違う」
国家が選別し、取捨選択される命があり得るなら、人々はやがて国家の意に沿って振る舞うようになるだろう。その先に待つのは、価値観が国家という一つの物差しに収斂(しゅうれん)してゆく社会、つまり多様性を失った社会ではないのか。
いや、すでにして「反日」「国賊」のレッテル貼りはネットや一部保守系メディアでなされ、在日コリアンに向けられた「日本が嫌いなら出ていけ」のヘイトスピーチ(差別扇動表現)が街中に出現して久しい。
そして異端は排除されようとしている。
(後略)
時代の正体〈54〉邦人拘束事件は問う(上)失われゆく多様性


イスラム国の人質事件から急に「多様性」の名の下、在日コリアへのヘイトスピーチへと飛躍し、「何が何やら」と思わざるを得ません
紛争地帯に取材に赴くジャーナリストの価値を認めようとしない世間一般への憤りを開陳する部分は理解できます(共感はしません。しょせんそれもビジネスであり、金儲けと功名心による行動だからです)が、だからといって「多様性」の下にどのような行動も尊重されるべきではありません
危険地帯であったイラクへ観光目的で入国し殺害された日本人男性がいたのですが、「危険と言われたイラクを旅行してきたぜ。オレってタフだろう」と自慢したいだけの馬鹿だとしか思えないのです
そのような軽薄な思考の人物と、何が起こっているか真実を伝えようとするジャーナリストの人たちを等価と見なすのは無理があります
「多様性」があるのだから、どのような動機でイラクへ行こうとその人の命は平等に尊い、とは世間も考えないのです。イラクへ物見遊山で出かける無分別な若者が武装勢力に捕らわれ、殺害されても「自業自得」と見るだけです
そうした反応を間違っていると指摘し、「価値観が国家によって収斂される」とまるで国家による陰謀であるかのように強調するのはもはや「デンパ」の類でしょう
「多様性」を謳うのであれば、自己責任を指摘する世間の意見も多様な意見の1つとして尊重されるべきでしょう
こうした意見では「多様性」を標榜しながら、自分たちとは異なる意見を抹殺しようとする意図がありありとしており、「多様性」を否定しているわけです
突っ込みどころ満載のコラムなのですが、全体を繰り返し読んでみても今のこの時期に何を言いたいのやら、と思うばかりです
「国際社会は内戦を放置してきた。だがその現場では、毎日数多くの一般市民が死んでいった」と安田純平は問題提起するのですが、ならばどうすればよかったのかは口にしません。アメリカが軍事介入してシリアの内戦を力尽くで阻止すればよかったのでしょうか?
鋭敏な感覚で問題点を看破した風を装おいながらも、実は何も指摘できていないのと同じです
アメリカが軍事介入すれば、その過程でシリア政府側にも反体制側にも多数の死傷者が発生するわけで、ならば安田純平は「アメリカの武力介入が悲劇を招いた」と書くのでしょう
取材をするだけで何の解決策も示さず、「国際社会が悪い」などと寝言を口にするのは勘弁してもらいたいものです

(関連記事)
安田純平を擁護するジャーナリストたち
安田純平を英雄扱いするテレビ朝日
ジャーナリスト安田純平 シリアで武装勢力に拘束
維新の党初鹿明博国対委員長代理 「テロと闘うな」主張
「パリのテロは日本も標的だった」と書くメディア
フランスで同時多発テロ 犠牲者は120人以上
東京新聞「不安倍増略して『安倍』」と腐すコラムを掲載
神奈川新聞「イスラム国を生んだ差別構造が日本にもある」
室井佑月「テロに巻き込まれるのは安部首相のせい」発言
テロ非難決議を欠席した山本太郎の言い分
安倍首相のせいで日本人がテロの標的に?
民主党徳永エリ議員 「安部首相がテロ組織を刺激」
イスラム国人質邦人に「自己責任論」
バグダッドで爆弾テロ
北朝鮮で米国籍宣教師逮捕、人質に
ボストン・マラソンで爆弾テロ
ボストン爆弾犯はキルギスからの移民兄弟
圧力鍋爆弾の作り方を紹介する日本のワイドショー
ノルウェーで爆弾・銃撃テロ 87人が死亡
ノルウェーのテロ事件 政治的狙いか個人の報復か
ノルウェーのテロ事件 壊れた家庭・両親の離婚
ビンラディン殺害と世界貿易センタービルを設計した日系人
「ビンラディン暗殺は主権侵害」とパキスタン激怒
警察庁長官銃撃事件時効成立に思う
フィリピンでバスジャック事件 人質が犠牲に
アメリカで女性下院議員撃たれる 6人死亡
サザン桑田批判は言論テロなのか?
謝罪したサザン桑田に「がっかり」の声
劣化ウラン弾今井紀明の今 高校生支援の活動


ルポ 戦場出稼ぎ労働者 (集英社新書)
集英社
安田 純平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルポ 戦場出稼ぎ労働者 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル