京都連続不審死事件 別の高齢者殺害で再逮捕

京都府向日市の無職、筧勇夫さん(当時75歳)を青酸化合物で殺害した容疑で逮捕された妻千佐子容疑者(67)について、3度目の言及です
千佐子容疑者が大阪の71歳の男性に青酸化合物を飲ませて殺害した容疑で、大阪府警に再逮捕されたと報道されています


逮捕容疑は2012年3月9日午後5時前、大阪府貝塚市内か周辺で、無職の本田正徳(まさのり)さん(当時71歳)=貝塚市=に青酸化合物を飲ませて殺害したとされる。
捜査1課によると、千佐子容疑者は「本田さんが亡くなった日に喫茶店で会ったが、殺していない」と否認しているという。
本田さんは大阪府泉佐野市下瓦屋3の府道でバイクを運転中に転倒、病院で死亡が確認された。捜査関係者によると、千佐子容疑者と会っていた喫茶店の約1.6キロ先だった。
当時の司法解剖では、突発性の心停止による病死と判断された。しかし、13年12月28日に亡くなった千佐子容疑者の夫、筧勇夫さん(当時75歳)=京都府向日市=の体内から青酸化合物が検出され、京都府警が殺人事件として捜査を開始。千佐子容疑者が本田さんと死別したことが分かった。
司法解剖をした大学が本田さんの血液を保存しており、大阪府警が昨年5月に青酸の有無を調べたところ、致死量の2倍の青酸が検出された。
千佐子容疑者と本田さんは結婚相談所の紹介で交際をしていた。本田さんが死亡した際の財産の譲渡を約束する「公正証書遺言」を作った。本田さんの死後、千佐子容疑者は自宅マンションや預貯金を受け取り、マンションについては約300万円で売却した。
(毎日新聞の記事より引用)


千佐子容疑者は男性に結婚すると口約束をし、その見返りに公正証書遺言を作成させて遺産の譲渡を迫ったのでしょうか?
最初の夫と死別後、判明しているだけで10人もの男性と交際、再婚、死別を繰り返しており、10億円相当の遺産を手にしたと言われています
強欲さで考えるなら、練炭殺人の木嶋佳苗以上の業の深さだと思えます
高齢者の男性の心に取り込み、毒を盛って殺害しては財産を奪うという鬼畜の所業をここまで繰り返しながら、発覚しなければこの先も殺人を繰り返していたと予想されます
2人の殺害で起訴されれば死刑判決も当然でしょうが、他の被害者については検死もされないケースもあり、起訴にまで持ち込むのは難しいのでしょう

(関連記事)
京都連続不審死事件 筧被告に死刑判決
京都連続不審死事件 アルツハイマー型認知症
京都連続不審死事件 筧被告が公判で犯行を自供
京都連続不審死事件 他に6人を殺害
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
結婚詐欺師木嶋佳苗の死刑判決を考える
婚活殺人木嶋佳苗に死刑判決
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判2 高校卒アル「AVに出そうな人」
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判3 練炭を準備、着火剤も購入
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判4 愛人生活で7000万円
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判5 上京後はデートクラブ勤め
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判6 ファンタジーを抱えた殺人者
結婚詐欺殺人木嶋佳苗裁判7 死刑求刑
結婚詐欺師木嶋佳苗 まだまだ残る謎
結婚詐欺 男性が相次いで不審死
女結婚詐欺師 6人を殺害か?
女結婚詐欺師 連続殺人事件に発展
女詐欺師は体重100キロ
女結婚詐欺師 セレブごっこの日々
木嶋佳苗事件、東電OL事件を語る作家佐野眞一
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
老人ホーム3人転落死事件の闇
78歳がラブレターを返され強迫 暴走老人事件


毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ
河出書房新社
上野 千鶴子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル