仏風刺雑誌テロ事件 風刺にも自戒と自負を

パリで1月7日、風刺週刊誌「シャルリ・エブド」編集部に覆面をした2人組が侵入し、編集長ら10人を射殺するテロ事件があり、世界を震撼させました
「シャルリ・エブド」はこれまでにもイスラム教の預言者ムハンマドを風刺する漫画を掲載しており、編集長らに対して殺害予告もあって警察官が身辺警護として張り付いていたと報道されています
今回のテロに対して、「表現の自由を守れ」とか、「テロに屈するな」との声もあるのですが、「シャルリ・エブド」の風刺画が果たして「表現の自由」として守られるべきものであるのかは大いに疑問です
J-CASTニュースがフランスの風刺(かなり毒のある表現でもそれをユーモアだと容認してきた風潮)に疑問を投げかけていますので、紹介します

「風刺画ならば許される」は欧米の「おごり」? 日本のネット、米国の一部でも「シャルリ」に疑問の声

イスラム過激派によるテロを容認する気はありませんが、かといって「シャルリ・エブド」を擁護する気にもなれません
人にはみな心の中に大切にしているものがあり、それを他人から揶揄されたり侮蔑されれば怒りがこみ上げてきます。メディアだからといって、特定の宗教をあざ笑ったり貶めたりする権利がある、と思い込むのは大間違いであり、それを「表現の自由」だなどと主張するのは思い違いもはなはだしいと考えます
「シャルリ・エブド」関係者は自らの風刺を正当なものだと主張するのでしょうが、その表現によって傷つく人もいるのを無視しているわけであり、大いに問題です
今回のテロ攻撃をしかし「シャルリ・エブド」は意に介さないようで、最新号ではまたも預言者ムハンマドの戯画を掲載しており、立場を変える気はないようです。このままでは再び狙われる危険もあるのですが

(関連記事)
サザン桑田批判は言論テロなのか?
謝罪したサザン桑田に「がっかり」の声
ボストン・マラソンで爆弾テロ
ボストン爆弾犯はキルギスからの移民兄弟
圧力鍋爆弾の作り方を紹介する日本のワイドショー
ノルウェーで爆弾・銃撃テロ 87人が死亡
ノルウェーのテロ事件 政治的狙いか個人の報復か
ノルウェーのテロ事件 壊れた家庭・両親の離婚
ニュージーランドでテロ 60人が死傷
ビンラディン殺害と世界貿易センタービルを設計した日系人
「ビンラディン暗殺は主権侵害」とパキスタン激怒
警察庁長官銃撃事件時効成立に思う
フィリピンでバスジャック事件 人質が犠牲に
アメリカで女性下院議員撃たれる 6人死亡
米下院議員銃撃事件続報 政治的対立
米コロンバイン高校銃撃事件
コロンバイン高校銃撃事件を考える 恐怖の演出
32人を射殺したヴァージニア工科大学事件 その1
32人を射殺したヴァージニア工科大学事件 その2
32人を射殺したヴァージニア工科大学事件 その3
「ジョンレノンを撃った男」 6度目の仮釈放申請却下
イスラム国人質邦人に「自己責任論」
神奈川新聞「イスラム国を生んだ差別構造が日本にもある」
「イスラム国人質事件」の神奈川新聞コラムが酷い
民主党徳永エリ議員 「安部首相がテロ組織を刺激」
安倍首相のせいで日本人がテロの標的に?
バグダッドで爆弾テロ
フランスで同時多発テロ 犠牲者は120人以上
維新の党初鹿明博国対委員長代理 「テロと闘うな」主張
フロリダ銃乱射事件 50人が死亡