大韓航空「ナッツ・リターン」事件 副社長に懲役1年判決

昨年12月、ニューヨーク発ソウル行きの大韓航空機に登場していた同社の副社長が機内サービスがマニュアルと違っていると激怒し、離陸のため滑走路に向かっていた飛行機を引き返させ、パーサーを機内から強制的に下ろすという事件がありました
大韓航空の会長の娘である副社長がやらかした事件のため、罪に問われることはあっても執行猶予付きの判決が出るだろうと予想していたのですが、韓国の裁判所は懲役1年の実刑判決を言い渡しています


ナッツの出し方に激怒し、搭乗機を引き返させたとして航空保安法違反(航路変更)などの罪に問われた大韓航空前副社長の趙顕娥(チョヒョナ)被告に対し、ソウル西部地裁は12日、懲役1年の実刑判決を言い渡した。検察側は懲役3年を求刑していた。
起訴内容によると趙被告は昨年12月、ニューヨークの空港で搭乗機が滑走路に向かう途中、ナッツの出し方がマニュアルと違うのではないかと指摘。機内サービス責任者と客室乗務員の女性に暴言を吐いたり、暴力をふるったりしたうえで、搭乗口に引き返させ、機内サービス責任者を強制的に降ろした。
これまでの公判で趙被告は一連の言動を反省し、謝罪の言葉も述べた。
一方で、「興奮しており、(搭乗機が)移動中とは知らなかった」などと釈明し、搭乗機を引き返す最終判断をしたのは機長だと強調。弁護人も罪に問われた「航路変更」については、「航路は一般的に空の通路を意味する」などとして、空港内の移動に適用するのは拡大解釈だと反論していた。
(朝日新聞の記事より引用)


副社長側は判決を不服として控訴するのでしょうから、これで終わりというわけではありません。控訴審では執行猶予付きの判決が下される可能性もあり、そうなれば再び「財閥の横暴を許すのか」と批判が巻き起こるのでしょう
大韓航空はその関連会社である韓進海運が巨額の赤字を抱えており、その支援のため保有株や資産を売却して3500億円もの資金を捻出するといった苦境にあります
大韓航空自体が旅客の減少などで利益を減らしており、このままなら経営破綻もありえると予想されるほどです
最終的には韓国政府に泣きつき、何らかの支援を求めるのでしょうが、国民が財閥企業に対して悪感情を抱いており、政府としても要求されるままに財閥企業を救済するのは難しい状況です
ここは副社長を犠牲にして(懲役刑で服役することで世論をなだめ)、政府による大韓航空救済を取り付けるべきなのでしょうが、さてどうなることやら

(関連記事)
大韓航空機騒動 副社長に出頭要請も拒絶
韓国仁川国際空港の没落 利用客離れ
アシアナ機事故 韓国はパイロット過失説を必死に否定
航空機事故「死者が中国人で幸い」と報道した韓国メディア
飛行機内で泥酔、暴行で懲役20年?
韓国フェリー事故 船長が真っ先に逃げる
韓国フェリー事故 477人の安否混乱
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
韓国車を買わない日本 「島国だから」と説明する大学教授
「韓流で稼ぎまくる韓国」と報じる日本のメディア
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観


韓国財閥はどこへ行く
扶桑社
玉置 直司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国財閥はどこへ行く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル