室井佑月「テロに巻き込まれるのは安部首相のせい」発言

イスラム国による日本人人質事件に関して、作家の室井佑月がまたわけのわからない発言を週刊朝日に書いています
本人なりに理路整然と世の矛盾を突いているつもりなのかもしれませんが、ただの感情的な悲観論をぶちまけているように映ってしまいます
まずは一読願います


室井佑月「テロの恐怖を言えない世の中」に疑問
イスラム国に捕らえられていた湯川遥菜さんも後藤健二さんも殺害されてしまった。二人に対し、「死ね」というようなことをいっていた人たちは、これから先、新たなテロ事件が起きても、「死ね」といえるんだろうか。
殺されるのが、ビジネスをしに中東へいっていた人であったとしても、旅行先で誘拐された人であったとしても、同じ言葉を吐けるだろうか。
日本国内でテロが起こって複数の人が巻き込まれたとしても、今度は「死ね」じゃなくて「死んだ」といわれて終わりなんだろうか。
とりあえず、新たな犠牲者に「死ね」といえる人がいるかどうかは置いといて、今回の事件をきっかけに、あたしたち日本人の身が危なくなったことは事実だろう。
安倍政権は「卑劣なテロと闘う」といっていた。具体的にどのように闘うのかは今後はっきりしてくるだろうが、今の時点でいえることは一つ。あたしたち国民は「卑劣なテロの恐怖」と闘わなくてはならなくなったみたいだ。恐ろしい。
こういうことをいうと、「脅しに負けるのか。そういう考えは、イスラム国の思うつぼだ」と非難する人がいる。
が、脅しに負けるもなにも、どうしたって子供のいるあたしはテロを恐怖してしまう。
怖いと思うことを止めよ、といわれても無理がある。
なんだか世間は、「今、政権批判することは、イスラム国を利するだけ」という風潮だ。なにしろ、メディアが問題の根っこについて、報道しようとしない。
後藤さんの安否がどうなるかわからないうちは、「人命優先。今、政権批判している場合ではない」そういわれれば納得した。でも、冷静になって考えれば、それも真実とは違う。メディアが恐れているのは、安倍政権だ。だからおかしくなる。そして、世の中に変な空気が作られていく。
反イスラム国の有志連合との協力に前のめりになっている政府に対し、
(これから先、あたしたちは大丈夫?)
そう正直に口にすることも躊躇(ためら)われる世の中ってどうなのよ。
テロは卑劣。そんな当たり前のことを叫んでいれば、卑怯なテロがなくなるならいくらでもそうする。しかし、そんなことはあるまい。
安倍政権のいう積極的平和主義とは、アメリカの正義に追従して敵と闘うことなのか。
だとしたら、アメリカのやっていることはほんとうに正義なのか。イラクの大量破壊兵器はなかったし、アメリカが味方するイスラエルはパレスチナ人を虐殺している。
安倍さんは「大量破壊兵器がないことを証明できなかったイラクが問題」といい、イスラエルと軍事協力まで約束してしまった(兵器開発についての技術交流などもだよ)。そういったことに対し、メディアはなぜ真正面からぶつかっていかないのだろう。


日本政府を批判したいのか、メディアを批判したいのか、どちらなのでしょうか?
あるいは日本政府もメディアも批判したいのだとして、ならばどうしろと?
室井佑月はただ、「あたしはテロが怖い。巻き込まれたくない。こうなったのも安部首相のせいだ。メディアのせいだ」と言いたいだけなのでしょう。ならばたった2行で済んでしまう内容です
国際情勢にもの申す姿勢を示しつつも、本音は「巻き込まれるのは嫌だ」だけ
「小学生か、おまえは」と突っ込みたくなるほど稚拙な内容です
イラクの大量破壊兵器の問題は当ブログで何回も指摘していますが、イラン・イラク戦争でサダム・フセインがマスタードガスを使用したり、国内のクルド人殺害のために化学兵器を使用したのは事実であり、「大量破壊兵器を保有してなどいなかった」とのガセ情報を室井佑月が疑いもなく信じてしまっている点で、デンパに操られているも同然です(単なる皮肉です)
今回のイスラム国による人質事件があろうとなかろうと、テロの危険は厳然として存在し、「日本人だけが巻き込まれずに済む」といった例外は期待できません
一部の人達は、「憲法九条を持つ日本はテロによる標的になるはずがない、絶対に安全なのだ。それを安部首相が憲法を改正するだの、集団的自衛権を行使するだの言い出したからテロの標的にされてしまった」などと主張しているわけですが、これも現実を無視した空論です

(関連記事)
室井佑月「安倍支持率上昇」を嘆く
室井佑月の幼稚な安倍首相批判
室井佑月の「オバマ大統領来日批判」が幼稚すぎる
芸能人お受験 室井佑月の息子は
安倍首相夫人は私人か公人か?
安倍昭恵の日本主義を批評する中島岳志
河野洋平が安倍政治を批判
テロ非難決議を欠席した山本太郎の言い分
安倍首相のせいで日本人がテロの標的に?
民主党徳永エリ議員 「安部首相がテロ組織を刺激」
「イスラム国人質事件」の神奈川新聞コラムが酷い
イスラム国人質邦人に「自己責任論」
バグダッドで爆弾テロ
神奈川新聞「イスラム国を生んだ差別構造が日本にもある」
東京新聞「不安倍増略して『安倍』」と腐すコラムを掲載
ポツダム宣言で安部首相を切ったつもり(1) 日本共産党
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(2) 「きっこのブログ」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
フランスで同時多発テロ 犠牲者は120人以上
「パリのテロは日本も標的だった」と書くメディア
ジャーナリスト安田純平 シリアで武装勢力に拘束
維新の党初鹿明博国対委員長代理 「テロと闘うな」主張
フロリダ銃乱射事件 犯人も同性愛者?
フロリダ銃乱射事件 50人が死亡
ダッカ人質テロ事件で日本政府を批判する岡田克也
東洋大教授「平和ボケ=ウルトラマン症候群」と書いて炎上
和歌山射殺事件 立てこもりに無策、自殺されて終結
和歌山射殺事件 拳銃手に立てこもり
「講演で稼ぐネトウヨビジネス」と書くLITERA
連続企業爆破の大道寺将司死刑囚が拘置所で病死
森友問題で注目のジャーナリスト菅野完 強姦事件で賠償命令
韓国籍の金輝俊 コンビニで女性を切りつけ逮捕
劣化ウラン弾今井紀明の今 高校生支援の活動


作家の花道 (集英社文庫)
集英社
室井 佑月

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 作家の花道 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル