「靖国参拝はヒトラーの墓参り」発言で炎上タレントの今

2013年12月に安部首相の靖国神社参拝を「ヒトラーの墓参り」だと発言し、炎上騒動を引き起こした春香クリスティーンについて、ウェッブサイトのリテラが記事を掲載しています
上記の炎上騒動をきっかけに日本の政治状況をあらためて考えてみた、という春香クリスティーンの著作「ナショナリズムをとことん考えてみたら」(PHP研究所)を紹介する形の記事です
長文の記事なので、引用は避けます。関心のある方はウェッブサイトで一読ください

春香クリスティーンが「炎上」して考えたこととは…タコツボ化する「右」と「左」

長文の記事ですが、件の「ヒトラーの墓参り」発言を彼女がどう考えているのかについてはまったく触れていません(実は、それが知りたくてこの記事を探し当てたのですが)
上記の記事を読めば、その「サヨク」だの「ウヨク」だのというレッテル貼りの上でああでもない、こうでもないと漏らしているだけの中身の無い記事です。それは春香クリスティーンが悪いのではなく、記事を書いた松岡瑛理の理解力と筆力に問題があるからなのでしょう
ですが、記事の掴みとしては「ヒトラーの墓参り」発言に対する春香クリスティーンの考えを率直に書き記した方がよかったのではないか、と言いたくなります(注釈として触れておくと、「海外の報道の中には、安部首相の靖国神社参拝をヒトラーの墓参りに例えているものもある」と春香クリスティーンが発言したものであって、彼女自身がそう考えていたわけではありません。ただ、彼女自身が靖国神社問題をどう考えているのか、そのスタンスが見えないのが個人的には不満です)
もちろん、彼女の未熟さを批判したところで何も得るものはなく、後味が悪いだけです(23歳の女性が成熟した政治観をもっているわけはないので)
ただ、政治に首を突っ込む(イデオロギーについて語る)には相応の覚悟を必要とするのであって、ハーフの若い女の子が「政治について語っちゃうぞ」では済まないのだという現実を、彼女なりに体験して考えるところがあったのでしょう


「右」と「左」、さらにはどちらでもない「どっちつかず」層。本書はどの立場にも肩入れしているようで、どこからも絶妙な距離感を取っている。どんな人が読んでも共感するポイントがある一方で、部分的な違和感も残るだろう。しかし、それは春香クリスティーン自身が「炎上『から』とことん考えてみた」結果、辿りついた境地なのだ。居丈高な「評論」ではなく、23歳の若者による「体当たり国家ルポ」として読むことをおすすめしたい。


さて、皆さんはおすすめされて読む気になるのでしょうか?
自分はブログで取り上げた手前もあり、書店で買うつもりです

(関連記事)
「靖国参拝はヒトラーの墓参り」発言で炎上のタレント
靖国神社に落書き「武漢の人を皆殺し」
https://05448081.at.webry.info/202005/article_8.html
靖国神社宮司辞任 天皇批判発言で引責
靖国訴訟門税払い 在日韓国人激怒
靖国神社爆破犯 刑務所での虐待を主張
靖国神社爆破犯の母 「息子は日本で不当な扱い」と主張
靖国神社爆弾事件の韓国人に懲役4年実刑判決
靖国神社爆破事件は「単なる愉快犯」と書くLITERA
靖国神社爆破事件 韓国の反応
靖国神社放火犯 韓国から再来日し逮捕
「靖国神社にA級戦犯の遺骨が」と騒ぐ韓国メディア
「安部首相の靖国参拝は重大ミス」と書くウォール・ストリート紙
韓国議員 靖国神社での抗議活動断念
「靖国参拝で拉致被害者が落胆」と虚偽の発言 民主党議員
「靖国参拝で中国・韓国・北朝鮮を怒らせるな」とする主張
「旭日旗使用は問題なし」日本政府が韓国に反論
朝鮮日報「日本は戦争被害国に国土を割譲し毎年謝罪せよ」
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
竹島問題 韓国メディアの稚拙な主張
「反日なら何でもあり」の韓国
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
室井佑月の「オバマ大統領来日批判」が幼稚すぎる
室井佑月の幼稚な安倍首相批判


ナショナリズムをとことん考えてみたら (PHP新書)
PHP研究所
春香 クリスティーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナショナリズムをとことん考えてみたら (PHP新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル